TAVはアラサー女性には不向き。20代前半女性向きの落とし方である理由をレビュー

「TAVは効果があるって言っているサイトもあるし、詐欺ってサイトもあるし…どっちなんだ?」という方に向けて、ひとつの答えを書いておきます。誤解を恐れずに言えば、それは

「TAVは若い女性を落とすための教材」

ということです。

これに気づいたのは、私自身20代前半では魅力的だったTAVが、30歳を前にすると輝きが薄れてきたことに気づいたことがきっかけです。TAVが変わったのではなく、私自身の恋愛に対する価値観が年齢を重ねて変わったのです。

ここではTAVがなぜアラサー女性&熟女には不向きで、20代前半女性向きのテクニックであるかについて、レビューしていきます。
※ここでは便宜上、四捨五入すると30歳になる25歳~34歳を「アラサー女性」と定義します。

■TAVの詳細はこちら

20代女性向け攻略教材【TAV】「The Auto Victorious(岡田尚也) 」の特典付きレビュー
狙った女性が自然とあなたに惚れていく「口説かないテクニック」 20代女性の性質と本能に基づいた会話術と心理学を駆使し 岡田尚也の...

■関連記事

女性としてオススメしたくない【TAV】「The Auto Victorious(岡田尚也) 」をレビューしました
恋愛系情報商材レビューサイトでは必ずと言っていいほど紹介されているロングセラー商材、岡田尚也さんの「The Auto Victorious(通...

恋をしたい20代と安定を求める30代

20代の恋愛観

20代前半と言えば、大学を卒業して社会に出て、毎日が大変ながらも充実した楽しい時期です。「彼氏とか欲しいなー」とフワッとした願いを持っている時期でもあります。

このとき、相手の男性に求めるものはそれほど多くありません。フィーリングが合えばいいとか、話していて楽しいとか、恋に恋している時期ですので「楽しい時間」を提供できる男性ほど価値があります。

20代前半の楽しさって、社会に出ていろいろな価値観に触れる事にもあります。学校内で築く人間関係は年齢や価値観も似た相手が多いですが、社会に出ると出会う人間の年齢や価値観はものすごく広がります。「こんな考えの人もいるんだ」「こんな生き方をしている人もいるんだ」と、玉石混交の付き合いをしながら、自分にとっての「価値」を見定めていく時期のスタートです。

この時期は、相手が何かに(やさしさ、トーク、ファッション、知識等々)秀でていればいるほど、そこに食いつきやすい時期です。

30代の恋愛観

これに対し、アラサー以上の年齢になってくると「安定」とか「安心」が価値を持ち出します。一緒にいて楽しいことも大切なのですが、それだけじゃダメで「結婚」という将来を見据えたパートナーとして合格かどうか、を判断基準に入れます。加えて、礼儀正しいかどうかとか、浮気しなさそうかどうかといった「人間性」についても評価が厳しくなります。

もちろん結婚観のない女性もいます。ですが結婚に限らず、30代にもなるとそれまでの「楽しい」だけの関係ではなく、「一緒にいて安らげる相手かどうか」という1人の大人としての基準が増してくるのもまた事実です。

■参考記事:アラサー女性が恋人に求めるもの

■参考記事:20代と30代の恋愛観の違い

私(ありす)の場合はどうか

個人的な例として書いておきます。私自身、もし20代前半の段階でTAVの男性に出会っていれば、恋愛に発展しました。まだ人生経験も恋愛経験も少なく、まだまだ恋愛で遊びたい時期なので「この人に興味がある!」というツボをくすぐられて恋愛関係に発展したと考えられるからです。

逆に、今アラサー世代になってみて思うのは、「アラサー世代に対して、いきなり上から目線で近づいてくる男性には、要注意だな」という意識が生まれている点です。恋愛に対し守りに入っているので(※というかそれ以前に既婚なので)、上から目線の飄々とした不思議な雰囲気の男性には「要注意」という視点が生まれます。

20代前半の私の価値観も、アラサー世代の私の価値観も、どちらも自分なので「正しい」と言えます。20代前半の頃に感じていた恋愛観は否定できませんし(実際そういった男性に心ひかれていた時期もあるので^^;)、かといってアラサーの今の自分の意見が絶対、だとも思わないのです。

私自身を例にとれば

  • 小学生までは「スポーツ万能の王子様」
  • 高校生までは「話していて楽しい背の高い男の子」
  • 大学生までは「尊敬できるところのある、頼れる人」
  • 社会人になってからは「人として長く付き合っていける人」

という変遷があり、今の夫に落ち着きました。

そんなわけなので、自分自身の年齢によって、好きになる男性のタイプには違いがある。という事だけは確信しています。なので、TAVのテクニックは、20代前半の、まだまだ恋愛で遊びたい盛りの女性と相性がいいと、アラサー世代になった今、思います。

TAVは「興味のある男」の演出

TAVは、20代前半の女性にとって「興味ある男」を演出していきます。相手の女性には「なんなんだろう? 気になるな…」「今までこんな興味を引かれる人に会ったこと無い! 」というプラスの印象を抱かせて、恋愛に落とし込んでいくテクニックです。

やや上から目線で「あなたに興味がある」という姿勢で近づき、付かず離れずの距離で傍にいる異性。20代前半の女性にとって、それまでの人生でこういったタイプの男性に出会う経験はかなり稀です。そもそも同年代でこういったアプローチを仕掛けてくる異性はほとんどいません。そのため、恋愛経験の比較的少ない20代前半女性であれば「どんな男性なんだろう?」と興味を引かれやすい傾向にあります。

ただし、この「上から目線」を30代以上の女性に行ってしまうと、あまり良い結果には結びつきません。女性も30代ともなれば、仕事やプライベートで酸いも甘いも噛分けてきています。なので経験上、彼女たちの中には「いきなり上から目線で近づいてくる男性には要注意」という価値基準が生まれています。

結果、TAVのテクニックを用いて30代以上の女性に正面から近づいても「何この人?」「常識ないな」と初対面からマイナスの印象を持たれやすくなります。極論を言えば、「90歳のマダムに、上から目線でのナンパは失礼以外の何物でもない」という話です。

以上の理由により、TAVが効くのは、まだまだ恋愛で遊びたい若い女性です。恋愛で守りに入ってしまっているアラサー以上の女性には不向き。という結論が導き出せます。

20代女性を落としたい場合は、

です。

■『モテ会話マスタープログラム&ガールズマインドハッカー』で当ブログ購入者様に彼女が出来た経験談はこちら↓

【成功報告】「彼女いない歴=年齢」の男性に8カ月で最愛の彼女が出来た話
「彼女いない歴=年齢」かつ「会話が苦手」だった教材購入者様から「最愛の彼女ができました」と言う嬉しい報告をいただきました。 前...

●まとめ●
TAVは恋愛経験がまだ少なく、様々な価値観に触れたいと思っている20代女性を落としたい人向けの教材。
アラサー以上の女性は人生経験も恋愛経験も豊富なため、いきなりの上から目線では嫌がられる傾向にあり。

20代女性を落としたい+自分自身にS系要素がある+女性と雑談レベルの会話はできる、という場合においてのみTAVは有効。

20代女性を落としたい人向け:TAVの詳細を見てみる

このページの先頭へ