女性としてオススメしたくない【TAV】「The Auto Victorious(岡田尚也) 」をレビューしました

女性としてオススメしたくない岡田尚也さん著の【TAV】

困った顔「TAV」ってモテるとか言われているけど、実際はナンパの詐欺教材なんでしょ? 絶賛している人もいるみたいだけど、本当の評価が知りたい。もし本当にTAVが優良教材っていうのなら、当の女性本人はどう思うのか、TAVのテクニックに対する評価を聞いてみたい。

こういったご要望に応えます。

この記事では、女性(=私)が「TAV」を全て視聴して感じた率直な感想をまとめていきます。

この記事を書く私自身は、OL時代に銀座や渋谷、博多の天神や名古屋の栄といった繁華街への出張が多かったため、それなりの数のナンパを経験済みです。

また、これまでに読んでレビューしてきた恋愛系情報商材は100本を超えており、様々な教材との比較もわりと得意です。

そんな私が、恋愛系情報商材レビューサイトでは必ずと言っていいほど紹介されているロングセラー商材、岡田尚也さんの「The Auto Victorious(通称:TAV)」を購入しましたのでレビューします。

結論から書きますと

「これほど女性心理を知り尽くして、いつの間にか好きにさせられてしまうノウハウは見たことが無い。広まってしまうと悪用された場合に困るので、あまり女性としてはオススメしたくない」

という感想でした。

以下、細かく解説します。
.
■TAVの詳細はこちら

TAV公式サイト20代女性向け攻略教材【TAV】「The Auto Victorious(岡田尚也) 」の特典付きレビュー
\こちらの教材には、著者の岡田尚也様・販売社様からの限定特典もお付けしています/ 著者:岡田尚也さんってこんな...

■関連記事

TAVはアラサー女性には不向き。20代前半女性向きの落とし方である理由をレビューTAVはアラサー女性には不向き。20代前半女性向きの落とし方である理由をレビュー
「TAVは効果があるって言っているサイトもあるし、詐欺ってサイトもあるし…どっちなんだ?」という方に向けて、ひとつの答えを書いてお...

女性としてはオススメしたくない理由

なぜオススメできないのか?

困った顔女性心理を知り尽くしているならいい教材なんじゃないの? それなのにおすすめできないのはやっぱり詐欺教材だからでは?

女性心理を知り尽くしているのはいい教材、だとは思っています。

例えば「美女を落とすための会話術」は女性心理に寄り添う教材ですし、「ガールズマインドハッカー」は女性を応援していく会話を行う教材です。

ですが、この「TAV」のノウハウは、あなたの強靭なペースに女性を巻き込み、女性自身すら気づかないうちにあなたに心を奪われてしまうようなテクニックです。

私自身に関して言えば、自分のペースで恋愛をしたいし、相手の男性とはほのぼのした会話が出来たらいいなと思っているタイプです。

にもかかわらず、このテクニックを私に駆使された場合、条件付きではありますが「落ちる」と断言できます。決して女性のほのぼのとした恋愛ではないのに、こんな男性と恋愛をしてみたい、と思ってしまうほどのかなり特殊な恋愛テクニックです。

オススメしたくない理由は、自分のタイプでもない男性の手のひらの上で踊らされて、勝手に好きにさせられてしまうことが悔しいからです。なので、あまり積極的におすすめしたくないな…と思っています(^^;

なぜ万人が成功するノウハウでは無いのか?

困った顔相手の男性が好みのタイプではないのに落とされてしまうのが一女性として悔しいから、オススメしてないんだ。 それが本当ならなんで効果が無い教材って噂が立っているの? それに「条件付きなら落ちる」ってどういうこと?

まず大前提として、「TAV」のテクニックで最も落としやすいのは「20代女性」です。

※理由は以下のページにまとめました。

TAVはアラサー女性には不向き。20代前半女性向きの落とし方である理由をレビューTAVはアラサー女性には不向き。20代前半女性向きの落とし方である理由をレビュー
「TAVは効果があるって言っているサイトもあるし、詐欺ってサイトもあるし…どっちなんだ?」という方に向けて、ひとつの答えを書いてお...

アラサー以上の女性や、熟女系にはかなり効きにくいと思ってください。

そして、「TAV」を使いこなすには、あなた自身が「S系の男性」である必要があります。
草食系とかではありません。

相手を翻弄し、自分の言いなりにさせたいような意識を持つ、S系の男性こそにTAVは向いています。

つまり、

  • 相手の女性は20代前半である
  • 自分自身はS系である

という条件が揃った場合に、TAVの再現率が最も高くなります。

当ブログ「モテ道」は「彼女いない歴=年齢」の方向けに運営しているブログです。そのため、この理由で万人にオススメできるわけではないのと、もっと初心者向けの教材はたくさんあるので、「TAV」はかなり使い手を選ぶ教材、だと判断しています。

そもそもTAVって何?

困った顔わかった。自分にS系の要素があれば、効果は見込めるんだね。 と言うかTAVって単にS系を極めるためのノウハウなの? そもそも「TAV」って何?

「TAV」は、ナンパを通じてあなたの女性経験値を高め、本当にモテる男へと成長させる恋愛総合教材です。

TAVが目指す男性像は極めてシンプルです。女性に対してSの姿勢と優しさを併せ持つ、いわば「バランスの良いS」を目指します。

教材は、あなたの女性経験値を上げるための手段として、ストリートナンパを推奨しています。というのは、あなたが女性にモテたいのであれば、まずはあらゆるタイプの女性を知ることが先だからです。そのためにも、短時間で多くの女性と接する事が出来るナンパは能力向上のための最適の方法、としています。

加えて、ナンパは女性に対して媚びたり、怖がる気持ちがあると成功しません。TAVは女性に対して常に上から目線のSの姿勢で接していきますので、この部分を強化していくためにも、ストリートナンパは度胸付けにも最適。ということになります。

ナンパじゃないとダメ?

困った顔ナンパかー。ナンパじゃないとダメなの?

もしここで「ナンパ」に抵抗があるなら、TAVは購入しない方が良いです。 たぶん、挫折します。

「どうしてもナンパはしたくない」と感じる人は、出会い系サイトや、合コンで女性と知り合う方法もありますし、逆ナンを狙うのであれば「Twitterでセフレを量産する教科書」のようなノウハウもあります。

ただ、女性である私個人としてはTAVで強化された男性に出会ってみたいとも思っています。

と言うのは、TAVで目指していく男性像が、女性の理想というよりは興味に近い、およそ「多くの女性が一度は出会ってみたい男性像」であるからです。

よく他サイトのレビュー記事で誤解されているのですが、TAVは単なるオラオラ系・S系育成マニュアルではありません。上に書いた通り、Sであると同時に「優しさ」も併せ持つ、いわば「男女問わず一目置かれる男」へとあなたを変化させます。

著者の岡田尚也さんはどんな人?

困った顔単なるオラオラ系になるための教材じゃないことは分かった。でも著者の人は結構軽そうだし、怒らせると怖そうだけど?

教材を視聴するとわかるのですが、著者の岡田さんは禅僧のように自己の内面を探索してこられた方で、深い自己理論をお持ちです。

岡田さん自身のナンパ動画や音声を視聴するとものすごく軽い男に見えますが、それは本人が計算の上でそう見せているだけです。そんじょそこらのナンパ師や恋愛コンサルタントとは格が違います。

加えて岡田さんは、女性以上に女性心理を知りつくしている方でもあります。

私は「モテ道」から教材を購入頂いた方に、購入者特典として「その教材を女性目線で確認して、明らかに間違っているところを修正したレポート」をオマケで付けているのですが、TAVに関してはその部分が驚くほど見当たらないのです。

むしろ、岡田さんが指摘してくる女性心理があまりに的を得ていて「そうか、私はそう思っていたのか!」と私自身今まで全く見えていなかった、自分の本心に気づかされたということもありました。教材を読みながらちょっと怖くなったほどです。

以上のような理由で「こんなに女性心理を知り尽くしている人の教材は、全て見透かされていそうで怖いので、女性としてはオススメしたくない」というのがTAVに対する本音です^^;

女性が惹かれてしまう男性像とは?

困った顔でもさ、「モテ道」では「紳士的」になることを推奨しているのに、なんでありすさんは上から目線の「TAV」のテクニックは効くと思ったの?

わかります。ブログ開設以来、私は「女性に対しては紳士的に接することが大切」と主張する教材に高評価を与えてきました。

それらは確かに女性目線で見ても「されたい」と思うようなテクニックでしたし、そういった男性が合コンやら社内やらでモテている現場を目の当たりにしての結論でした。

困った顔そうだよね。紳士的であることがベストだよね? TAVだと真逆じゃない?

確かに、TAVのテクニックは一見すると「紳士的」とは正反対の「S系」で攻めていくテクニックです。

私個人は、上から目線の男性には嫌悪感を示すタイプですので、この教材を視聴し始めた当初は「あー…勘違いマニュアルかな…」とあまり期待しなかったのですが、勘違いしていたのは私の方でした。

困った顔何を勘違いしていたの?

私が苦手なのは「上から目線」ではなく「偉そうな態度」「自慢話をしてくる」男性だったのです。つまり、「上から目線」の男性は、女性的には有りの男性像なのです。

困った顔上から目線と、偉そうな態度や自慢話をする態度は違う、ってことか。

はい。まずTAVでは、女性に媚びたり、顔色をうかがったり、機嫌を取ったり、という女性を中心に置いた行動はとりません。むしろ、男としての自己を確立し、女性の方から惚れさせるような行動を選びます。男というより「漢」になり、風格ある存在になることで、女性を口説かずに落とすことが可能となるのです。

正直、この手法(というかノウハウ全般)は全くの盲点でした。女性に対しては紳士的に接することが大切、という思い込みがあったので、女性に対して上から目線を貫くことで女性が落ちる、ということに気づいたとき、男女の本質に気が付きました。

本質とはつまり、女性は魅力ある強い男が好きだということです。

考えてみれば、人として魅力があれば、個人的にアプローチをされていなかったとしても好きになります。芸能人のファンとか、ミュージシャンのファンという人たちと同じです。あなたの魅力を最大値まで高め、相手から好いてもらうのがTAVの本質です。

バランスの良いS

困った顔紳士的な男性も、TAVの男性も、どちらも「一本筋が通っている人間」という意味では同じタイプってことか。でもやっぱり、オラオラ系は嫌われると思うんだよなー

はい。確かに、強いだけの男は嫌がられます。DVを行う男性や自己中な男性に女性は魅力を感じませんし、またそういった男性になるメリットもありません。

先にも述べたように、この教材では強さと優しさを併せ持つ「バランスの良いS」を目指していきます。

つまり、あなたを完全なるS系の男性にするわけではなく、

  • Sで高圧的なのに実は女性思いな男性
  • 普段は真面目なのにちょっと意地悪な男性
  • 優しいのにちょっと強引な男性

のように
Sと優しさの割合を、購入者個々の個性に合わせて調整します。
これは何かというと、「女性を翻弄している」という状態です。
※女性を翻弄させることの効果に関しては、「『友達止まりの男性』と『彼氏候補の男性』の違いについて」の記事で解説しています。

Sを見せることは大切ですが、100%のSでは嫌われますので、優しさや真面目さを見せることも必要となるのです。
Sの姿勢とは、女性に対して男性的な包容力のある強さを見せるということです。そして強さと優しさを併せ持つ男性に、女性は惚れます。

まとめ

正直、今回この教材に出会えてよかったと思っています。

私自身の「モテる男性」に対する価値観を変えられた内容でしたし、TAV実践後の男性像も女性として「こんな男性に会いたい」と文句なしに思えるものでした。
(加えて、このレベルの教材を読んでしまったからには、今後の他教材に対する評価はこれまで以上に厳しく、辛口になるものと予想されます)

「The Auto Victorious」の詳細なレビューと特典は下記よりどうぞ

「The Auto Victorious」の詳細レビューはこちら

このページの先頭へ