「”浜崎流”彼女大量生産セミナー(浜崎怜央)」のレビュー

浜崎怜央

セミナー動画155分が1000円、というかなりお買い得な商材を見つけたので、勢いで買ってしまいました。今回は浜崎怜央さんの「”浜崎流”彼女大量生産セミナー」をレビューしていきます。

“浜崎流”彼女大量生産セミナーとは?

「”浜崎流”彼女大量生産セミナー」とは、出会い量産を目的とした、オンラインのセミナー教材です。

販売ページを読むと、ナンパや出会い系以外の方法で彼女を量産すると書かれています。加えて、著者の浜崎さんは週末の活動だけで月100人以上の連絡先を入手できるそうです。

そもそも彼女を量産していくには、出会いを量産しなくてはいけません。どこで量産するのかは、販売ページをよく読めばわかります。

「彼氏のいない女の子」「週末の活動」「ナンパや出会い系では無い」「一日10~20の連絡先ゲットが普通」「毎月数十人、多ければ100人以上の新しい女の子と知り合える」という文脈からも予想できる、『あの場所』です。

さて、教材本編は5章構成になっています。各章の内容をざっと説明すると、まず序章は浜崎さんの自己紹介。第1章は彼女を大量につくるために必要な方法の解説。第2章が『あの場所』における攻略法、第3章が外見の整え方です。

第4章から浜崎さんが実際に使っているという恋愛ノウハウが解説されます。実際に女の子と会話している実録音声があったり、女の子と親密になるための会話テクニックを紹介しています。ここでは女の子を「惚れさせる」ことはまだ行いません。「惚れさせる」ために必要な下地を作っておくのがこの章までの目的です。

第5章は、実際に女の子にアプローチを行っていきます。前章までで女の子とはかなり打ち解けているはずですので、その状態で女の子の心があなたに向くようにテクニックを仕掛けていくのです。女の子の心を恋愛モードにし、手を繋ぎ、キス。そして次回以降のデートの取り付け方までがレクチャーされています。

セミナー内の浜崎さんは結構な軽快トークで進んでいくため、いまいちノウハウの全体像や重要部分が把握しづらい傾向にあります。そのため、視聴の際はテキストファイルやノートなどでメモを取りながら理解していく方法がベストです。

女性の感情+雰囲気を盛り上げるテクニック

実録音声やノウハウを拝見したところ、著者の浜崎さんは女性の感情を盛り上げる事が上手い方だなと言う印象を受けました。感情を盛り上げるとはつまり、女性を恋愛モードにすることが上手いという意味です。

浜崎さんは相手の女性をいわば「物語のヒロイン」のような環境に置き、その女性の感情を高めて恋愛モードにもっていきます。お姫様扱いされるのに弱いのが女性ですので、まず女性と仲良くなり、女性の感情が盛り上がってきたところで一気にアプローチを掛けるのがこの教材のノウハウです。

ただ、この方法は万人に効くわけではなく「恋愛したがっている女性」に特に効きやすい方法です。男性側からアプローチしていきますので、「恋愛したい」と思っていない女性に対して行ってもおそらく「ウザい」で一蹴されます。このテクニックを成功させるには、女性側が「恋愛したい」と心理的に積極姿勢であることが必要条件です。

さて、女性にとって恋愛とは、幼いころから読んできた絵本や漫画にあるように「ドキドキしたいもの」です。恋愛に対して積極姿勢である女性や、女性の「恋愛がしたい」という願望、つまり「ドキドキしたい」願望をかなえてあげるわけです。

そのために、2章で「恋愛したい」という女性をあつめ、3章でその女性たちから嫌われないための最低限の外見の整え方を学びます。そして4章の会話テクニックで女性と親密になり、5章で女性を物語のヒロイン化させるのです。

万人受けしないテクニック

そんな、女性をヒロイン化させるこの教材。個人的な思い込みかもしれませんが、このテクニックが効くのは「恋愛経験が少なく」「押しに弱く」そして「夢見がち」な女性です。現実的な女性には、おそらく効きません。著者のテクニックを一通り見させていただきましたが、ごめんなさい私にはダメでした。

何と言うか、全体を通して「気持ち悪い」んです(ごめんなさい)。自信があるからなのか、一貫した軸がイマイチ見えないまま、色々なテクニックを自信たっぷりに解説しているのですが、正直ダメな女性は本当にダメだと思います。テクニックの内容は同意できる部分が半分、ドン引きが半分でした。

自分の想像上の印象なので、実際とは異なるのかもしれませんが、正直なところ「ただしイケメンに限る」テクニックです。手のつなぎ方、キスの部分、次回デートの約束部分はイケメンであればドキドキしますが、「ちょっと仲良くなったぐらいの人」ではかなりの嫌悪感を抱きます。はっきりと言ってしまうと、このテクニックがうまくいくのは、初対面の段階でもう好印象を持たれている相手です。

また、販売ページでは「口下手」「外見0点」の男性でもできると書かれていますが、そのままでは実行不可能です。会話も外見も、著者は向上させることを教材内で要望しています。

また、とにかく行動ありきで「『あの場所』で1日4時間行動して40人のメルアド入手」「2日間で100人にメール」と、行動しないことには意味が無く、「ピンポイントで女性を落としていくテクニック」というより、「このテクニックが効く女性を探す」といった印象です。

大きく間違ってはいないのですが…この教材だけでモテるようになるかというと正直疑問が残る教材でした。むしろ、口説き方に関しては万人受けしない変なクセが付いてしまいそうですので、あまり真似ない方が良いような気がします。教材内容がイマイチ中途半端なため、販売価格をもう少し上げてもいいので、実録音声や実録動画をフルバージョンで入れて欲しかったなと個人的には思いました。

ですが、『あの場所』における、大量連絡先入手方法は割と盲点を突かれました。価格も安いので、このノウハウを知りたい人は買ってみても良いと思います。

以下、採点で評価していきます。

ありすが採点しました

価格は適切か?

20/20点

サポートはありませんが、全額返金付きであったり、購入後のサポートメールで追加音声が送られてきたりしますので、この価格はかなりお買い得です。

購入後のサポートメールでは「怜央’Sシークレットクラブ」という超高額コンサルの案内が届きますが、既読スルーできます。

販売広告は適切?

16/20点

二重価格表示があったり、動画のコンテンツ説明が多少大げさな部分は有りますが、大体正当な販売表示です

ちなみに、販売ページには動画の視聴期間について「視聴期間:7日間」と表示されていますが、7日以降でも普通に視聴できます。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

12/20点

やや困難です。

著者はテクニックの概略を説明していますが、「じゃあ実際にどんな会話をするのか」「じゃあ実際に雰囲気をどんなふうに作っていけばいいのか」といった具体的な部分は説明していません。テクニックの大半も「浜崎さんのこのキャラとこのトークだから上手くいっている」ような気がするのです。

万人受けするテクニックではありませんので、著者が冒頭で言っているようにメールを「絨毯爆撃」するかのごとく送りまくり、とにかくこのテクニックが通用する「恋愛経験が少なく」「押しに弱く」そして「夢見がち」な女性を探すことが再現への第一歩のように思います。

応用可能な力が身に付くか

8/20点

身に付きません。
販売ページでも述べているように、この教材は「ワンパターン必勝法」を教える教材です。
加えて、テクニック自体は万人受けしませんので、条件のそろった女性にしか効きにくいと思われます。

女性がされて嬉しいテクニックか

10/20点

非常に相手を選ぶテクニックです。

女性側が恋愛したいと心理的に積極姿勢であること、物語のヒロイン気質を持っていること、押しに弱いこと等々、そういったタイプの女性であれば、されて嬉しいと感じるかもしれません。

私が現実的なのか相性が悪いのか、私にはダメでした…

結論!ありすの評価は?

66/100点

1000円にしてはボリュームもあり、それほど悪くはない教材です。
ですが、万人受けするテクニックではありませんので、お気を付け下さい。

テクニック再現の際には必ず、相手の女性が「恋愛経験が少なく」「押しに弱く」そして「夢見がち」な女性であるかどうか、よくよく観察してからの方がよろしいかと思います。それ以外の女性は、ドン引きされるかかなりの嫌悪感を抱かれます。

後半部の口説きテクニックは話半分に聴くとしても、女性の連絡先大量入手方法を知りたいのであれば「買い」です。正直「その手があったか!」とかなり目からウロコな方法だったのに加え、私自身もこの方法でアプローチされたら連絡先を渡してしまいます^^;

なので、口説き云々よりも「連絡先大量入手方法」が知りたい人には、かなりのお買い得ですのでオススメできます。

※C級のため、当ブログからの購入リンクは貼っておりません。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ