女性の罪悪感を操り、女性をあなたに依存させるメールテクニック(水嶋由依) の販売ページをレビュー

「女性の罪悪感を操り、女性をあなたに依存させるメールテクニック(水嶋由依)」について、
販売ページを読んだ感想をレビューします。

この写真の人物は誰?

3
水嶋由依さんと言えば、黒髪ロング&横顔美人のプロフィール画像が有名ですが、
この写真は水嶋さんではありません。

画像検索をかけるとわかりますが、元画像はHさんというAV女優さんです。
ちょっとご本人と勘違いしそうな表示が気になりましたので、記載しておきます。

ちなみにこの水嶋さん、
一日1000アクセスを集めるブログで恋愛相談をされているそうですが、
このブログが見つかりません。もう閉鎖されたのでしょうか?
Twitterアカウントは見つけましたが広告発言ばかりなので、こちらは恋愛相談とは無縁です。

また、購入者の声として掲載されているモザイク付きの写真3点は、
とある女性向け恋愛教材「お客様の声」として使用されている写真と一致しています。

まあ、百歩譲って
「このカップルはお互いに内緒でそれぞれ男性向け・女性向けの恋愛商材を購入し、
成果が出たので購入者の声としてたまたま同じ写真をそれぞれの販売サイトに送った」
という可能性も万に一つくらいはあるかもしれません。

けれど、この教材のサイト公開日は2012年8月で、
上記の女性向け恋愛教材のサイト公開日は2008年8月なのです。

加えて、水嶋さんのサイトで使用している「購入者の声」の
写真3点すべてが上記サイトと一致していますので、
この購入者の声が本物かどうかはあやしいです。

特典レポートの違反と矛盾

この教材を買うと、特典として52,640円相当のレポートが無料進呈だそうです。
教材よりも高額なレポートが無料でついてくるなんて、まあおトク!
と喜んでしまいそうですが、これは景品表示法違反(※)です。

景品表示法では、1000円以上の商品に付けられる景品(=特典)は
販売価格の10分の2までです。
つまり、11,800円のこの教材に付けられるのは2,360円相当までのレポートということです。

加えて、この特典レポートは水嶋さんではなく男性が作成したものです。
まず特典1のこの記述

あなたが今、お目当ての彼女との関係が
なかなか進展していないことにイライラしているなら、
ぜひともこのレポートをお読みください。
私自身の過去の経験を踏まえてレポートしておりますので、
必ずや、役に立つものと、自負しております。

次に、特典2のこの記述。

素敵で美しく、性格のいい女友達に50人恵まれたら、あなたは幸せですか?
私が常時付き合っている、50人の女友達を
どうやってゲットすることができたのか?

最後に特典6の記述。

いい関係になった彼女
思わず「抱いて欲しい」と言わせたくなる ような方法があるのをご存知ですか?
これは私が使ってきた方法なんですが、かなりの効果が期待できる上
女性の気持ちを大切にした行動でもあるのです。

水嶋さんが同性愛者の方でない限り、男性が執筆したものと考えられます。
この教材の購入検討をされている方の大多数は、
著者が女性である点に惹かれたのではないでしょうか?
ですが、上記の文章を読む限り、特典レポートは女性が書いたものではありません。

マニュアルは水嶋さんが執筆しているかもしれませんが、
特典は男性が書いている可能性がありますのでその点ご注意ください。

補足:ちなみに、この男性とはおそらく販売者の加藤実さんです。
「女性の罪悪感を操り、女性をあなたに依存させるメールテクニック」の
特定商取引法上の表記を読むと、著者が水嶋さん、販売者が加藤実さんとなっています。
加藤実さん販売の他教材「狙った女の子を落とすメールテクニック」でも
この教材とまったく同じ特典が付けられています。

(※)「一般消費者に対する景品類の提供に関する事項の制限
(昭和52年公正取引委員会告示第5号)第1項

クセのある日本語

水嶋さんは、ちょっとクセのある文章を書かれる方です。
たとえば、販売ページでは

あなたがまず、意中の女性に振り向いてもらいたいのならば、
意中の女性があなたを雑に扱ったことに対する「罪悪感」を持たせてしまう方向で、
女性を心理操作をするメールを送るだけで
女性はあなたに対し、即座に
「ああ~ひどいことしたなぁ・・・」と、罪悪感と後悔の念を持ち
メールの返信をしなければいけないような気持ちにさせてしまえるのです。

このような文章を書いています。
意味が解らないわけではないのですが、若干文章力に欠けています。
私だったら、こう直します。

あなたが意中の女性に振り向いてもらいたいのでしたら、
意中の女性があなたを雑に扱ったことに対する罪悪感を
まず持たせなくてはいけません。

心理操作するメールを女性に送ることで、
女性はあなたに対して即座に罪悪感と後悔の念を持つようになり、
返信をしなければいけない気持ちになってしまうのです。

水嶋さんの文章後半の「女性はあなたに対し」からは女性目線で文章が書かれていますので、
「気持ちにさせてしまえる。」と自分目線で文章を閉じるのはおかしいです。
加えて、元の文章のままでは主語と述語すら合っていません。

メールで女性を落とすのであれば、
「相手に自分の意思が伝わる正しい日本語」が使えないと意味がありません。

そのため、メールテクニックを学ぶのであれば
きちんとした日本語の使える著者の方から
伝わる文章テクニックを学ぶことが最短であると思います。

まとめ:女性の罪悪感を操り、女性をあなたに依存させるメールテクニック

販売ページの疑問点が払拭できなかったことと、
水嶋さんの文章力があやしいため、この教材はおすすめしません。

メルアドを知っている相手を依存させたいのなら、
心理学テクニックも駆使されている「ガールズマインドハッカー」を学んだうえで、
教材特典の「依存化調整ゴムバンド」を元にしたメールを送る方が効果的だと判断します。

※この商品はおすすめできないのでリンクいたしません。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ