「面白い男はモテる」じゃなくて「女性の安心しきった笑顔を引き出せた男はモテる」

恋愛教材や恋愛ブログによくあるのが

  • 面白い男はモテる!
  • 女性を笑わせればモテる!

という微妙にズレた一文です。

こういった文章を読むと「女性を笑わせる→モテる」という解釈をしてしまいます。笑わせればモテる…ものすごく間違ってはいないのですが、イマイチ正解だとも言い切れません。

正しくは「女性の『安心&信頼を抱いた笑顔』を引き出せた男性はモテる」です。

このあたりのことについて、一女性としての本音を書いてみます。

3種類の笑い

まず異性との会話において、女性が心からの笑顔になる時(=会話を楽しめている時)を大きく分けると、

  • A:相手の冗談や面白い話で笑う(受動的)
  • B:自分の考えや体験を気持ちよく話せて笑う(能動的)
  • C:安心や信頼感からホッとして笑う(相互)

と、だいたい3パターンあります。
※「失笑」とか「ごまかし笑い」は会話を楽しめていない笑いなので、本記事では除外します。

このうち恋愛感情に結びつきやすいのはC→B→Aの順です。

男性に恋愛感情を抱くきっかけは各女性で個人差はありますが(ものすごくお笑いが好きで好きで仕方がない子とか)このあたりを「私:ありす」の心情を一つのサンプルとして書いてみます。

A:相手の冗談や面白い話で笑う(受動的)

テレビでお笑い芸人のネタを見たときと同じような感覚です。単純に「あー面白い」と思っているので、当然ですが恋愛感情は全くありません。

冗談を言ってきた相手に対して「この人面白い人(=良くも悪くもユニークな人)だな」とは思いますが、「好きになっちゃうかも」とは微塵たりとも思いません。M-1グランプリを見て、視聴者や観客が出演者に恋心を抱かないのと同じことです。

相手と付き合うことがゴールである場合、冗談はメインで使っていくべき会話テクニックではありません。メインで使うべきなのは後述する「恋愛を意識させるトーク」であり、冗談はスパイス程度で充分です。

友達同士の会話や、ただ場を盛り上げることが目的であれば、冗談メインでも使えます。「ムードメーカー」の立ち位置になりますので、マイナスイメージにはなりません。

ですが、恋愛を目的とする場合に必要なのは「相手の女性を翻弄させること」なので、冗談メインでは弱いのです。上手く女性を翻弄している男性は「この人のこともっと良く知りたいな」と女性から興味を引かれますが、冗談ばかり言っている男性は「なんか面白い人だなあ」という認識で止まります。

■参考ページ:

「友達止まりの男性」と「彼氏候補の男性」の違いについて
「友達止まりなのでどうにかしたいです」という質問を何度かいただいてきましたので、「友達」と「彼氏候補」の境界線について記事にし...

冗談を言えばモテる?「ZONE TALK(出水聡)」だと遠回りなのでレビュー
女性を楽しませてモテる会話術教材『ZONE TALK』を読み終えましたのでレビューします。販売ページのキャッチコピーを見た時から「なんか...

B:自分の考えや体験を気持ちよく話せて笑う(能動的)

女性は話好きな生き物。という言葉は、一度くらい聞いたことがあると思います。

確かに、口数の多い子、少ない子はいます。ですが、重要なことはそこではなく「女性は(というより人は)、相手に自分を理解してほしいと思っている」ということです。私だけでなく、あなたにもそんな一面はないでしょうか。

「話し好き」と言うのはつまり「自分を理解してほしい」「私の話を聞いてほしい」「そうだね、と共感してほしい」と思っていることを言い換えただけにすぎません。

口数が多かろうが少なかろうが「相手に自分を理解してほしい」という思いは、女性に限らず人間そのものに共通している意識と言っても過言ではありません。

そのため、男性女性問わず、人間の気分は「相手の話を聴いている時 < 自分の話をしている時」で高まります。あなたもおそらくそうだと思いますが、相手の自慢話にうんうん相槌を入れて聞いている時よりも、自分の武勇伝を気持ちよく語っている時のほうが快感度は高いはずです。女性も同じです。

さて、男女が席を共にした場合、男性側が自分語りをすることは非常に多いパターンです。多すぎて、女性向けの恋愛指南書には「男性が自慢話をしてきたら『すごい!』『さすがですね!』と褒めましょう」みたいなことが書かれています。

女性の話になんて、男性は耳を傾けません。男性は女性に対して、いかに自分が凄いか、いかに自分が他よりも優れていて個性的かをアピールするので、女性側もそのパターンに慣れてしまっています。

だから、女性側の話に耳を傾ける男性が現れると、「この人は他の男性と違う!」と簡単に一歩リードすることが出来るのです。『モテ会話マスタープログラム』や『ガールズマインドハッカー』はこの手法を使っており、実際にこの手法で彼女が出来た、という人もいます。

C:安心や信頼感からホッとして笑う(相互)

恋愛に直結する笑いがこの「安心や信頼感」です。上で「翻弄させることが大切」と書きましたが、この「安心や信頼感」が土台であり、その上に「翻弄させる」という柱が建っているイメージです。安心や信頼感を得る事=恋愛対象認定されることなので、安心や信頼感がないといくら翻弄させても無意味に終わります。

この安心や信頼感、というのをもうすこし細かく書いてみると、「この人は危険人物じゃなさそうだな」という女性側の認識、です。

例えばですが、初対面の相手とパーティーで出会い、身だしなみや立ち振る舞いにも嫌なところが無い、相手と会話をしてみると丁寧な物腰で悪い人じゃなさそうな気がしてホッとする…時に出る安心の笑顔、がこれです。女性が「あなたを見て『この人悪い人じゃなさそう』と緊張感がふっと緩んだときに出る笑顔」です。恋愛に限らず、ビジネスシーンでも同じことが言えます。

そんなわけなので、いくら相手に冗談ばかり言われても、あなたの人間性がイマイチよく見えないので、人としては面白いとは思われますが、恋愛感情を抱かれるまでは至らないのです。

女性に会話で恋愛感情を与えるためには、「危険人物ではない、ということをわからせるための安心や信頼感」の上に「女性の気持ちを翻弄させるトーク」が必要です。一目ぼれなどの場合はこの限りではありませんが、会話で恋愛感情を抱かせるための基本パターンはほとんどがこの手順です。

…というより、このパターン以外を私や周囲の女性達を見ていてもあまり見かけないので、異なるパターンがあればこっそりとメールでお知らせいただきたいと思います。

女性の「安心した笑い」は引き出せていますか?

以上の理由により「安心から出る笑いを引き出せた男性はモテる」という結論になります。一見、よく人を笑わせている男性がモテている構図なので、「そうか! 面白いことを言えばモテるに違いない!」と勘違いした誰かが「面白いことを言えばモテる」と吹聴し始めたのかもしれません。

ただ、面白いことを言うことが、全く効果が無いということではありません。緊張感を解いたり、楽しませるといった効果もありますので、スパイスとして使う分には問題ないのです。

間違えてほしくないのは、

  • 目的は、相手の女性の安心と信頼を得ること
  • ユーモアはあくまでも会話のスパイス

という使い分けです。恋愛には恋愛専門の会話のやり方があります。相手をユーモアで笑わせる会話と、相手に安心と信頼と恋心を抱かせて恋愛関係になる会話は全く別のものです。

女性を落とす会話がわからない、モテる会話がわからない、恋愛要素のある会話が知りたい…という場合はこちら↓で紹介していますのでどうぞ。
当ブログからも実際に成功例を複数出してきた教材です。

●まとめ●
モテるには「ユーモアで笑わせる」だけでなく、安心&信頼からくるホッとした笑いを引き出すこと。いままで冗談ばかり言ってきたので、信頼感を抱かせる会話がわからない、という場合は成功検証済みのこれら↓の教材から取り組みましょう。

会話超初心者向け:モテる基礎から学ぶ「モテ会話マスタープログラム」の詳細はこちら

会話初心者向け:モテる会話の具体的テクニックを学ぶ「ガールズマインドハッカー」の詳細はこちら

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ