「ナンパの書【宿命】(楓涼)」の微妙な点をレビュー

「ナンパの書【宿命】」(著:楓涼さん)というナンパ教材を読み終えましたのでレビューします。

さくっと結論だけ先に書いておきますと、ナンパにおける成功パターンを手とり足とり教えてくれるタイプの教材ではなく、「重要なポイントのみを示してくれる教材」という印象でした。詳細をまとめておきます。

20150821-1

販売ページがホラーっぽいので、ちょっとびっくりしますが、教材そのものはいたって普通のナンパ教材です。

ナンパ嫌いの私が、ナンパ教材をレビューする理由

ブログ開設以来、「ナンパの優良教材はありませんか?」という質問メールを何通か頂いていたのですが、後回しにしてしまいました(すみません)。というのは、私自身が「そもそもナンパが嫌い」というタイプだったからです。

理由としては、「ウザい」「面倒くさい」「軽く見られているのが嫌だ」という、わりと定番のものになります。たまーにイケメンが声を掛けてくるときは、さすがにちょっと嬉しくはなりますが、怪しいツボを売りつけられたら困るので、基本的にナンパには付いていきません。

ですが、

私が「ナンパ嫌い」であるということは、ナンパ教材に関してかなりシビアに採点できるということに繋がります。つまり、「ナンパ嫌いの私でも、落ちると納得させられた教材」を見つけることができれば、その教材は一定以上の効果が見込めるレベルだということになります。

余談ですが、私がこれまでレビューしてきた教材のうち、自分自身の抱いていた固定観念を覆された教材といえば、文句なしに「TAV」を挙げます。

上から目線の男性が嫌いだった私に、上から目線のテクニックを示し、「こりゃ落ちるわ」と納得させた実力派の教材です。恋愛初心者にはちょっと難しい教材かな? と思ったので若干採点が低めですが、私個人に与えた影響力という意味ではトップレベルです。

そんなわけで、「ナンパ嫌い」の私に「こりゃ落ちるわ」と言わしめる優良ナンパ教材はあるのか、探してみることにしました。今回の「ナンパの書【宿命】」はその初回です。

「ナンパの書【宿命】」ってどんな教材?

20150821

「ナンパの書【宿命】」は本編がPDF:469ページ、特典の「プロによる、スタイル改善トレーニング法」がPDF:51ページで構成されています。音声や動画などはありません。

具体的な内容ですが、まず「女性とは何か」といった超基本事項から始まり、モテる男の要素やナンパの会話、迫るテクニックやシチュエーションごとの解説など、ナンパを成功させるために必要な要素をほぼすべて解説しており、初心者向けの教材といった印象です。

販売ページには、

動物学・行動学・心理学などの、学術的論理に証明されている事実と、膨大な経験からの分析に基づいた、”決して語られることのなかった”真実の方法を全てお伝えします。

と書かれていましたので、「ナンパの成功パターンの一挙一動をデータ分析して教えてくれる、百科事典みたいな教材かな?」と勝手に想像していましたが、違いました。

本教材は「成功するために重要な要素」を教えてはくれますが、「具体的な成功パターン」に関しての記述は薄く、「実践しながら覚えろ」というスタンスです。なので、百科事典のように手とり足とりの解説を求めている方にはあまり向きません。

これをサッカーの監督にたとえると「ボールに手が触れてはダメ」「ボールは足で蹴って運べ」「自陣地のゴールを守りつつ、相手陣地のゴールにボールを入れれば1点」という基本事項だけ教えてくれて、「ドリブルやシュートテクニックは体で覚えていけ」と言われているような感じです。このあたりの突き放し感は「90日でブサイクが可愛い女を落とす方法」と似ています。

教材内での著者のスタンスは、「正しい理論を学び、その理論を元にまず行動。とにかく自分の体で覚えていくこと」といったものです。

ですので著者は、「ナンパの基本的なルール」についての解説は行いますが、「上手くなるための方法」は自分で見つけていけという姿勢です。恋愛やナンパのルールを知らない初心者レベルであれば役立つかもしれませんが、「それができないから困ってるんだけど」といった具体的な方法を求める中級者には向かない教材です。

また、「女性は●●なのです」「最も重要なことは▼▼です」といった断定した書き方も気になりました。断定するのは構わないのですが、そう思う理由や根拠が付けられていないので、読み手側としてはイマイチ信ぴょう性に欠けます。販売ページに書かれている「学術的論理」に関しても、確かに様々な実験結果やデータを取り上げてはいますが、その出典や実験の詳細が書かれていないので、どこまでが本当なのかがわかりません。

前出のように、私がこれまで読んできた教材で、最も的確に女性の本質を言い当てている教材は「TAV」です。著者が女性に関する解説を行っている部分では、まるで自分自身のことを言われているような感覚に陥った、きわめて珍しいタイプの教材でした。ところが「ナンパの書【宿命】」では、女性に関する記述を読んでも、どうもTAVのようにはピンとこないのです。私のことではなく「世間一般の男性が想像する女性」についてあれこれ解説しているような印象でした。

女性に関する記述に加え、この教材で推奨している服装に関してもまた微妙です。外見的には「チャラ男」になることを求められますが、個人的な印象を言わせていただければ、「昭和風…?」と感じてしまいました。

加えて、本教材は「学術的論理に証明されている事実と、膨大な経験からの分析」に基づいた内容を解説してくれるようですが、それはある程度のナンパテクニックを身につけていないとあまり意味が無いように思います。

先ほどのサッカーの例に付け加えて言うならば、サッカーを一度も行ったことのないド素人に、「相手チームの分析データのみで勝利しろ」と言っているようなものです。分析データで勝利できるのは、すでにそのデータを有効に使えるだけの実力が身についている玄人集団だと思います。

「”決して語られることのなかった”真実の方法」についても、あまり納得できませんでした。そもそもポイントだけを示しているので、どのような行動を、どのように仕掛ければいいのかという成功パターンが全くイメージできないのです。示されているポイントに関しても、どこかで読んだことのある方法が過半数以上でしたので、きわめて秘匿性の高いものだとは感じませんでした。

著者の他教材【光】でも同じような点について指摘しましたが、この著者は非常に回りくどい文章の書き方をします。まとめれば数行で済むものを数ページにわたって長く書き連ねているので、無駄な文章が多いです。結論に向かって、盛り上げて、期待させて…といった文章構成ですが、その結論自体もどこかで見たような内容なので、恋愛初心者以外の男性だと、あまり学ぶことも無い気がします。

「ナンパの書【宿命】」のいいところは?

デメリットのみを書いてしまったので、メリットも書いておきます。

「ナンパの書【宿命】」の良いところは、ナンパテクニックをとにかく理詰めで解説してくれるところです。理論で女性を落とせるのかどうかという話は別として、女性を落とすためには何が大切なのかといったポイントをきちんと示してくれます。

たとえば、ここにナンパの成功音声がありますが、この音声を聞いても「なぜ女性が落ちたのかがわからない」という人のほうが多いと思います。

「ナンパの書【宿命】」は、成功するナンパには何が必要なのか、何を重視するべきなのかをきちんと言葉で解説していますので、この教材を読んだ後に上記の音声を聞くと、ナンパの成功の仕組みがはっきりと見えると思います。

これまで自己テクニックのみでナンパを行ってきたとか、ナンパの成功音声を聞いているけれど成功要素がわからないとか、成功するための骨組みの部分がつかめていない方は、本書のような文章タイプの教材に一度目を通すことで理解が早まります。

76ページから始まる「誠実な人・マジメな人」に関する記述はかなり納得できましたし、160ページの「恋愛三大要素」も大体その通りであるように思いました。女性によって個人差こそありますが、大きく間違ったことは書いていない印象でした。

あとは、特典として付けられている『スタイル改善トレーニング法』もなかなか良質でした。著者の楓涼さんはボクサーの技能試験に合格された経験をお持ちなので、「体を鍛える&絞る」ということに関してはプロレベルです。

特典の内容も「腹筋をしましょう」といった単なる筋トレ指南に終わらず、推奨するマシーンや使い方のコツ、回数などが事細かに書かれています。ただ、ジムのマシーンを使うことが前提&週2回の筋トレ推奨となっているので、近場にジムがないとか、それ以前に時間がないといった方には難しいかもしれませんのでご注意ください。

以下、採点で評価してみます。

ありすが採点しました

価格は適切か?

12/20点

高い、と感じてしまいました。

理由は「教材本編の内容」と「メール相談権」の2つです。

教材本編に関しては、終始一貫して「ナンパ理論」ばかりで、具体的に何をどうすれば良いのかといった成功イメージがあまり見えてきませんでした。「成功するためには●●が必要」「▼▼が大切」といったキーポイントを教えてくれるのはありがたいのですが、具体的にそれをどうやって成功に結び付ければいいのかがイマイチわかりづらい印象でした。

メール相談権に関しては、本教材の特典である「メール相談権」の説明に

相談とは、「恋愛相談」です。女性との関わりの中で起った疑問などについて何かしらのヒントを得るためのもの。と定義させていただきます。
どんな質問にも答えるといった、サポートではありません

と、なんだかよくわからない文章が付け加えられていました。「購入者側からメールするのは勝手だけど、どんな質問にも答えるわけじゃないからね」という意思が見え隠れしており、著者が購入者を本気でモテさせようとする気合が感じられませんでしたので、減点させていただきました。

販売広告は適切?

10/20点

販売ページトップには「家を出た2時間32分後に女性を本能レベルで惚れさせる」という内容の文章が書かれていますが、この「2時間32分」の根拠が販売ページ内や教材内からも見つけられませんでした。

また、「学術的論理に証明されている事実」とまで言い切るのであれば、その根拠となる論文なり実験結果なりの出典をきちんと明記してほしいです。根拠を示すことは、数千円ほどの市販本や、無料で閲覧できるWikipediaですら行っていることですので、高額の本教材に明記されていないことはかなり気になります。

そして「方法論のすべてを公開します」と明記していますが、すべてを公開するのなら具体的な方法やナンパ動画、ナンパ音声などを付けなかったのはなぜでしょうか?

本教材はナンパにおけるキーポイントを示してくれる教材ではありますが、「すべて」というにはあまりにも足りない部分が多すぎます。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

12/20点

この教材を再現するのに必須となるのは、「継続し、向上する意思」です。

非モテだろうとなんだろうと、この教材を片手に「絶対にモテてやる!」と強い意志をもってナンパに取り組み、断られても無視されても「自分のここが悪かったんだ」「今度はこういう声掛けをしてみよう」と常に反省し、向上する意思がないと再現困難です。

教材はナンパの基礎となる部分に関しては解説していますが、具体的に何をどうすると成功するのかまでは解説していません。ですので、何をどうすると成功できるのかを自分自身で模索しつつやり遂げていく意思のある男性であることが、教材際限のための条件になります。

応用可能な力が身に付くか

20/20点

「基本は教えたので、あとは各個人で頑張りましょう」みたいな教材なので、この教材をやり遂げられれば、嫌でも応用力が付きます。

女性がされて嬉しいテクニックか

8/20点

ナンパ理論に関しては、一部納得できた部分もありましたが、全体として見ると「世間一般の男性が想像する女性」をモデルにあれこれ解説している印象でした。

ナンパの会話例に関しても、「初対面の女性がこんなにしゃべらないでしょ…」といった長さの会話文が掲載されており、あまりピンとくるものではありません。

というより、具体的なテクニックがあまり示されていないので、されて嬉しいかどうかすらよくわからない。というのが本音です。ナンパ理論に関しては、大きく間違っているわけではないけれど、正解というわけでもないので、この教材を基本書として使ってしまうのは危険かも、と思ってしまいました。

ただ、服装に関しては「チャラ男」を演出しましたので、私の嫌いなタイプだと判断ができました。具体的な服装の明記は避けますが、先がとがっている靴を履く人たちの服装です。恋愛教材によっては推奨していたりもしますが、なぜ推奨するのか本当に謎です。

結論!ありすの評価は?

62/100点

ナンパのテクニックを磨くことは、あなたの恋愛偏差値全体を高めることにつながります。なぜならナンパでは、ファッション・会話力・頭の回転の速さ・分析力・判断力・瞬発力…といった、恋愛におけるおよそすべての要素が必要とされるからです。

ナンパ教材が恋愛初心者にできることは、成功イメージを植え付け、何をどうすれば成功するのかを明確に解説することだと思います。

その意味で「ナンパの書【宿命】」は惜しい教材でした。基礎部分や理論を解説しているのは悪くないと思うのですが、それをどのように成功に結び付けていけばいいのかといった、ナンパの具体的な方法論が抜けているので、「成功までのイメージ」がかなりしづらい傾向にあります。

著者自身、教材の中で「実践することが大切」と述べていますので、成功のための具体的な方法を意識的に抜いたのかもしれませんが、抜きすぎて逆に相当の向上心と継続する意思がないと再現困難な教材になってしまっています。

この教材で述べている部分はあくまで基礎の部分(といってもあまりピンとこなかった内容ですが)ですので、バージョンアップの際にはぜひ成功音声なり実録動画なりをつけて、再現性を高めてもらいたいと思います。

●まとめ●
「ナンパの書【宿命】」はナンパ成功のポイントだけを解説してくれる教材。何をどうすれば成功するのかといった具体的な方法は書いていないので、購入した方は心してナンパに励み、独自のテクニックを構築していきましょう。

※C級のため、当ブログからの購入リンクは貼っておりません。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ