『The Pickup Artist Secrets(湊 勇)』と色々なナンパ教材とを比較レビューしてみる

湊勇さんという方の『The Pickup Artist Secrets』というナンパ教材について、複数の方からレビュー依頼をいただきましたので、率直な感想を書いておきます。

結論から言うと「かなり理屈っぽい、一般的なナンパ教材との違いがあまり感じられないごくごく普通のナンパ理論教材」でした。

20160527

『The Pickup Artist Secrets』って何?

『The Pickup Artist Secrets』は、ハイレベルな美女を落とすことを目的に執筆されたナンパ教材です。著者は湊勇(みなと ゆう)さん、ストリートナンパをメインとした、大阪出身のナンパコンサルタントの方です。

ちなみに、著者の言う「ハイレベルな美女」がどんな女性を指すのかは、公式サイトを見ても教材を読んでも具体的に良くわかりませんでした。ただ、ナンパという「視覚」でしか判断できない状態で「ハイレベルな美女」に声を掛けるということですので、「その女性の職業性格はともかくとして外見の優れた女性」という定義のようです。

20160527-1

さて、教材本体は、購入者専用ページから必要分をダウンロードします。教材はPDFテキスト(全235ページ)がメインで、MP3によるオーディオブック(収録時間計:5時間46分24秒)も付いています。

本編とオーディオブックで内容が大きく異なるということは無く、オーディオブックで著者が話している内容をわかりやすくまとめたものが本編、という印象でした。

20160527-2

実際どんな内容なのかというと「ナンパとは」といった超基本的解説から「自分を変えていくには」といったマインド論、著者独自のナンパ理論や、番号交換をした女性との連絡の取りかたなど、ナンパをしたことのない初心者にもわかりやすい丁寧な解説内容になっています。

ちょっと残念だったのは、メインコンテンツとなるナンパノウハウに関してです。「ハイレベルの美女を落とす」というキャッチコピーだったにもかかわらず、教材で解説されているナンパノウハウは美女に限定した特別なものではなく、一般的なナンパノウハウ止まりでした。

川端見生・相沢蓮也さん共著の「ナンパの台本」のように声掛けのセリフを明確に提示しているわけでもなく、岡田尚也さんの「TAV」のように予想外の方向から納得させられたということもなく、普通のナンパ師や普通のナンパ教材であれば押さえているであろう一般的なナンパ知識という印象でした。

ですので「ええ!? 美女を落とすためにはこんな方法が!」という驚きのテクニックが紹介されているわけではありません。ナンパなんてしたことも学んだことも何もない、と言う方でしたら何かの参考になるかもしれませんが、ある程度ナンパを経験して行き詰っているとか、ゲットできる確率が上がってきたのでもっと極めたいとか、そういった経験者向けの教材ではありません。あくまで初心者向けにナンパを解説した教材です。

ただ、いいなと感じたのは、解説が超絶丁寧だということです。ナンパをして落とすためのノウハウをサクサク提示してくれるのではなく、「ナンパとは何か」「女性とは何か」みたいな周辺知識から徹底的に固めていくので、ナンパに繰り出す前からある程度の自己ナンパ理論を確立できている男性になれます。

なので、「まず街なかで声掛けしてみたい!」という実践型の人よりも「まずはじっくりと理論から学んでからナンパに赴きたい」という理論型の人向けの教材です。

良くも悪くも非常に理屈っぽく、回りくどい教材ですので、「今すぐナンパに行きたいからテクニックを教えて欲しい」という人は『The Pickup Artist Secrets』ではなく『ナンパの台本』のほうが良いです。『The Pickup Artist Secrets』は、まず腰を据えてナンパ理論をじっくりと勉強したい人向けの教材です。

『TAV』と比較してみた

The Pickup ArtistSecretsについてなのですが、他のレビュアーさんが岡田尚也さんのTAVと比較しているのがよく目に留まりました。
ありすさんのご意見として、どちらがおすすめでしょうか?詳しくお聞きしたいです。

というご要望がありましたので、岡田尚也さんのロングセラー教材、「TAV」との比較もしてみたいと思います。最初に申し上げておきますが、それぞれ全く別のタイプの教材です。

20160527-5

比較 The Pickup Artist Secrets TAV
ジャンル ナンパ理論解説教材 ナンパを主戦場とした、恋愛総合教材
教材構成 テキスト・音声(実録音声有) テキスト・音声・動画(実録音声・動画有)
対象者 ナンパの成功理論を知りたい初心者 優しさと強さを併せ持つ男性を目指す中級者
解説範囲 マインド構築・ナンパ基礎~応用理論 マインド構築・ナンパ・会話術・セックス誘導・恋愛論等々(かなり広範囲なのでレビューページ参照)
解説内容 ナンパを成功させるための理論 ナンパのみならず、人としての優しさと強さのあるバランスの良いS系男性になって女性を落とすための解説
会話のタイプ ユーモア系 上から目線系・S系
身に付く能力 ナンパの成功理論の理解 ナンパ成功を一つの通過点として、どんなシチュエーションにおいても女性でも落とせる能力
教材のゴール 番号交換・連れ出し 女性を落とせる能力の向上・「バランスの良いS」という男性像の構築

このような違いがあります。続いて、補足をしていきます。

対象者・解説範囲

まず、『The Pickup Artist Secrets』はナンパの成功理論を解説している教材です。対する『TAV』は、どんなシチュエーションにおいても女性を落とせる能力を身につけることを目的としており、ナンパ成功は「あくまで通過点」として捉えています。

教材内での解説も『The Pickup Artist Secrets』はナンパ成功をゴールとしているため、マインド構築やナンパの成功理論といったナンパに必要な知識の解説がメインです。『TAV』はナンパのみならず、かなり広範囲の解説を行っていますので、ジャンルとしては「恋愛総合教材」という位置づけです。ナンパは自身の恋愛経験値を上げるための主戦場であり、経験値を積むための場所であるとしています。

そのため『The Pickup Artist Secrets』はナンパの成功理論を知りたい人向け、『TAV』はナンパを一つの通過点として全体的な恋愛レベルの向上を望むS系男性向けと言うことになります。

会話のタイプ

最も異なるのが両教材の『会話のタイプ』です。『The Pickup Artist Secrets』著者の湊さんは大阪出身と言うこともあり、教材の言葉を借りれば

『漫才のような会話』

を目指してナンパを行うそうです。

会話例を見ても、女性からのツッコミが会話例に含まれていたりしますので、ユーモア系会話に抵抗の無い方でないと再現は厳しいように思いました。また、あくまで私個人の意見ですが、正直「関東」の女性を落とすのであれば、ここまでナンパの会話をユーモアあふれるものにしなくてもよい気がしました(理由は下記リンク先にまとめてありますので、割愛します)。

■参考ページ:
>>東京の女が『Subliminal Talk Master(後藤孝規)』を読んだ感想をレビューする

『TAV』の会話は、基本的に「女性にとって居心地の良い男」のポジションを取ります。飄々(ひょうひょう)としていて、何を考えているのかわからない、身の上話をしたり・聴いたりもしない、時折いじり、女性にとって頼りがいのある男性を感じさせて楽しく会話する…というものです(あくまで私個人の印象です)。

同様に、『TAV』はナンパの声掛けにおいても、ユーモアあふれるトークで笑わせたりというより「すごく気さくな人が全く媚びずに話しかけてきた」という感じです。威圧的という意味ではなく、「NOを言う雰囲気が無い」会話です。会話の主導権を男性側が握り、かつ女性にとって嫌悪感を感じない方向にすいすいと誘導していくので、最終的に「…あれ? 私なんでこの人とセックスしちゃったんだっけ?」みたいなことにもつながる会話です。

『The Pickup Artist Secrets』と『TAV』は何が違うのか

『The Pickup Artist Secrets』と『TAV』は、それぞれ全く別ジャンルの教材です。

『The Pickup Artist Secrets』は「ナンパの成功理論とユーモア系ナンパトークを知りたい初心者向けナンパ理論解説教材」で、『TAV』は「ナンパを一つの通過点として、自身の恋愛レベルを総合的に向上させて『バランスの良いS』になりたい中級者向け恋愛総合教材」です。

目的と会話の内容が異なりますので、ご自身のタイプに合わせてご検討ください。

続いて、同ジャンル(と思われる)後藤孝規さんの『ナンパテンプレート』との比較を行ってみたいと思います。

『ナンパテンプレート』と比較してみた

ナンパ教材がとても多いので、比較レビューをしていただきたいなと思います。

というご意見を読者の方からいただいたので、以下では「モテ道」A級ナンパ教材である『ナンパテンプレート』と『ナンパの台本』それぞれとの比較を順に行っていきたいと思います。

まずは後藤孝規さんのナンパ教材『ナンパテンプレート』との比較です。

a-gotounanpa

■参考ページ:
>>『後藤孝規のナンパテンプレート』レビュー

比較 The Pickup Artist Secrets ナンパテンプレート
ジャンル ナンパ理論解説教材 ナンパ基礎固め教材
教材構成 テキスト・音声(実録音声有) テキスト・音声・動画(実録有)
対象者 ナンパの成功理論を知りたい初心者 ナンパの基礎を固めたい初心者
解説範囲 マインド構築・ナンパ基礎~応用理論 マインド構築・ナンパ基礎~応用理論・各種ナンパテクニック
解説内容 ナンパを成功させるための理論 ナンパを成功させるための理論と実践動画
会話のタイプ ユーモア系 ユーモア系
身に付く能力 ナンパの成功理論の理解 番号交換・連れ出し・即日落としを可能とするための、基礎力構築
教材のゴール 番号交換・連れ出し 番号交換・連れ出し・即日落とし

このような違いがあります。続いて、補足をしていきます。

ジャンル

『The Pickup Artist Secrets』はナンパ理論の解説教材で、『ナンパテンプレート』はナンパ基礎固め教材です。似ているようですが違いますのでこのあたりを解説します。

『The Pickup Artist Secrets』は、ナンパの理論を非常に丁寧に解説してくれるのですが、その他大勢のナンパ教材と同じでイマイチ抽象的な解説にとどまっています。たとえば「ナンパを成功させるためには●●と△△が大切です」「なぜなら‥」と成功のポイントとその理由を解説してくれるのですが、「じゃあなにをすればいいの?」という、「実際にどのような行動をとるか」は自分で考える必要があります。

対する『ナンパテンプレート』も同様にナンパの基礎理論を丁寧に解説してくれますが、『The Pickup Artist Secrets』と異なるのは実録動画や実録音声を豊富に付け、「実際にこのポイントを押さえてナンパを行うとどうなるか」を視覚的に見せてくれるため、頭で学んだ知識が実際の行動イメージと結びつきやすくなっています。

両教材の実録について

実録があることで、教材の知識と成功イメージが結びつきやすくなります。両教材どちらにもナンパ実録が付けられていますが、内容は両者異なります。

それぞれの実録に付けられている解説テキストに関しては、『The Pickup Artist Secrets』は実録音声3本中1本に、2ページほどの箇条書きが付けられている程度ですが、『ナンパテンプレート』では7本すべての実録動画に対して合計261ページの解説が付けられています。

こちらが『The Pickup Artist Secrets』の解説テキスト(全2ページ)、
20160527-4

こちらが『ナンパテンプレート』の音声書き起こし付き解説テキスト(全261ページ)です。
20160527-3

どちらの教材も「ナンパの基礎を解説して実録を付ける」という視点からでは同じですが、「どちらが基礎力が身に付くか」といったらわかりやすいのは『ナンパテンプレート』だと思います。と言いますのも、『ナンパテンプレート』ではセミナー動画内で解説しているテクニックを実録動画内で実際に使って見せることにより、机上の空論にとどまることを回避しているからです。

『ナンパテンプレート』をお手持ちの方は見直してみてほしいのですが、著者が実録動画内で行っているナンパは、著者がセミナーで実際に解説していたナンパテクニックそのままです。なにか魔法のようなテクニックを使ったというわけではなく、基礎さえしっかりと押さえておけばここまでできる、ということを示してくれている動画です。

また、『The Pickup Artist Secrets』の実録音声に収録されている女性たちは基本的に反応の良い方々ばかりですが、『ナンパテンプレート』に収録されている女性には無視から始まるナンパも含まれています。そのため、「無視に対してどのように対処していくか?」という、ナンパをするうえでは避けて通れないハードルを乗り越える方法も習得できます。

そんな理由で、基礎教材としてどちらか一つを選ぶのなら、『ナンパテンプレート』のほうが分かりやすいかと思います。また、『ナンパテンプレート』のほうが安価でボリュームも多く内容も濃いので、コスパの面でもオススメできます。

川端見生さん・相沢蓮也さんの『ナンパの台本』と比較してみる

続いて、「ナンパにおいて何を言うか」を徹底的に解説した『ナンパの台本』との比較をしてみます。

gaid-25

■参考ページ:
>>『ナンパの台本』レビューページ

比較 The Pickup Artist Secrets ナンパの台本
ジャンル ナンパ理論解説教材 ナンパ声掛けの台本
教材構成 テキスト・音声(実録音声有) テキストのみ
(実録ではないが、特典に音声あり)
対象者 ナンパの成功理論を知りたい初心者 ナンパの声かけのセリフを知りたい初心者
解説範囲 マインド構築・ナンパ基礎~応用理論 マインド構築・ナンパ準備~声掛けまで・LINEと会話ノウハウ
解説内容 ナンパを成功させるための理論 声掛けテンプレートと、ナンパを成功させるためのポイント
会話のタイプ ユーモア系 誠実系・ユーモア系・中間系
身に付く能力 ナンパの成功理論の理解 声かけで拒否された場合の切り返しと、声掛けの迷いがなくなる未来
教材のゴール 番号交換・連れ出し 番号交換・その後のデートアポ取り・連れ出し

このような違いがあります。続いて、補足をしていきます。

ジャンル

『The Pickup Artist Secrets』はナンパの理論教材、『ナンパの台本』はその名のとおりナンパの声掛けのセリフをまとめた台本、という明確な違いがあります。

個人的な印象ですが、『ナンパテンプレート』をナンパの基本書とするならば、『ナンパの台本』はすぐ使える声掛け集、『The Pickup Artist Secrets』はナンパの知識本、といったものになります。

『The Pickup Artist Secrets』は知識本ですので、実践テクニックよりも「ナンパとは何か」「女性とは何か」のような周辺知識や理論が豊富な教材です。

実際のテクニックに関しても「○○を意識して行ってください」、と書いてあるくらいで、『ナンパの台本』のように「このセリフを言ってください」というそのものズバリの「解答」は手薄です。

なので、『The Pickup Artist Secrets』の購入者の方は、教材を片手にして、自分で声掛けとその後の会話の組み立てを考えていかないといけません。そういった意味では、『瞬恋』のように自分で試行錯誤しながら自分独自のナンパを組み立てていきたい人向けの教材なのかなと思いました。

『The Pickup Artist Secrets』では『ナンパの台本』のように「これを言って、切り返されたらこう返してください」のような超絶具体例が示されていないので、一般的なナンパ教材と同じ抽象的な解説に留まってしまっていることが残念です。

解説内容

『The Pickup Artist Secrets』には、

何度も読んで理論とその論理構造の全体像を頭にインプットしていただければと思います

という記述がありましたので、どんどん実地訓練していく教材と言うよりも、まず理論でナンパを理解してから街に出たい人向けの教材だと読み取れます。

ただ正直ここまでの解説は事前に必要かな? とも思います。たとえば水泳などでもそうですが、最低限のやり方を身につけたら後は水中で実際に体を動かすことが上達への近道です。事前に水に浮く理屈や前に進む仕組みをどれだけ理解したとしても、自分の体を動かさないと水泳は上達しません。

なので、ナンパ上達を目指したいのであれば、個人的には最低限の理論を頭に入れたらすぐ街に出ていける『ナンパの台本』を先に手に取ったほうが良いと思います。理論を理解するのは、実際に台本を使って声を掛けてみたあと(=実際に水中で泳いでみたあと)でもそれほど遅くは無いからです。

以下、採点で評価してみます。

ありすが採点してみました

価格は適切か?

8/20点

内容の濃さとボリュームを考えると、高い印象です。というより同ジャンルの『ナンパテンプレート』がコスパが良すぎる、ということも一因です。

『The Pickup Artist Secrets』のナンパ解説は非常に言葉多く丁寧に行っているのでわかりやすくはあるのですが、「もうちょっと解説してほしい」とか「もう一歩!」な解説が多く、決して間違ったことを書いているわけではないのですが、かゆいところに手が届かない教材、という印象でした。

解説内容や実録のわかりやすさを比較してみても、湊さんファン以外の方にあえて『The Pickup Artist Secrets』をおすすめする理由が見当たりません。

販売広告は適切?

10/20点

「ハイレベル美女を落とす」とありますが、その美女の定義と、美女特有の落とし方についての記述がほとんどありません。

美女だけを落とすというよりも、「こういう心がけをしていればナンパの腕前が向上します」みたいな内容なので、一般的なナンパ教材との差異がよくわかりませんでした。

実際、「美女を落とすことが目的」という本教材のスタンスは、75ページあたりになると「ストリートで初めて会った女性とセックスをする技術の習得が目的」とズレ始めています。

そのため「美女特有の落とし方を学びたい」という方は期待に沿えない可能性がありますので、注意が必要です。本教材はあくまで「ナンパの一般的な成功理論を解説してくれる教材」です。

その他、カウントダウンタイマーや二重価格表示といった景品表示法違反は見当たりませんので、「美女」うんぬん以外は比較的クリーンな広告です。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

14/20点

非モテかどうかというより、あなた自身が「ポイントを説明されたら、自分であれこれ試していけるタイプ」であれば再現可能です。

本教材はよくある恋愛教材と同じで「大切なのは○○です」「なぜなら…」ということまでは解説してくれますが、じゃあ実際に何をすればいいのか、というところまでは各購入者の判断にゆだねられています。

そこに至るまでの解説は、言葉多めで丁寧にわかりやすく解説してくれていますので、料理本に例えると「今すぐ作れるお手軽レシピ」ではなく「料理基本概論」みたいな内容です。

ナンパの知識は身につくけど、実際にナンパ成功するかどうかはあなたのタイプによるかな、といった印象です。あなたがもし、一つの知識を得たら、試行錯誤していけるタイプの方であれば、お役に立てると思います。

応用可能な力が身に付くか

18/20点

身につきます。

基礎理論から解説していきますので、「成功するためには何が必要か」というマインドを含めたナンパ知識の理解は深まります。実践的なテクニックは他教材と比較するとごく一般的ですが、基礎理論をしっかりと固める教材ですので、多少のことでは揺るがないマインドと、ナンパの基本知識を身につけられます。

その理解のある状態でナンパを繰り返すことにより、自分なりのナンパスタイルが磨き上げられていくと予想できます

女性がされて嬉しいテクニックか

14/20点

各女性で個人差はあるかと思いますが、実録音声を聴いた範囲では私であれば「NO」です(すみません)。笑わせよう、冗談を言おうとする意識が強すぎて、普通に街なかで声をかけられても「ウザっ」と感じてスルーすると思います。

販売ページには

ナンパで引っかかりやすい女性を狙って口説くノウハウではありません

とありましたので、「これが本当なら、ナンパ完全無視の私にも効くはず!」と期待したのですが、残念ながら期待はずれでした。

今のところ「ナンパ基本完全無視」の私でも「こりゃ落ちるわ」と納得できたナンパの声がけは『TAV』のみです。

教材内容に関しては、納得半分・ツッコミ半分といった割合でした。ものすごく間違ったことを言っているわけではないのですが、おすすめできる水準にはありません。

著者独自のナンパ理論を展開していたりしますので、万人に効くナンパノウハウというより、やはりこのテクニックが効く女性を落とす、という印象でした(本来ナンパとはそういうものなのかもしれませんが)。

ありすの総評:「成功したい人」というよりも「成功理論を知りたい人」向け

64/100点

『The Pickup Artist Secrets』は具体的なナンパノウハウの記述に関しては『ナンパの台本』や『ナンパテンプレート』よりも薄いですが、『ナンパ成功理論』の詳細さや丁寧さに関してはどの教材よりも上です。ものすごく丁寧に解説しています。

多少回りくどくはありますが、「ナンパ理論を細かく知ってからナンパに赴きたい」という人には良いと思います。

余談ですが、この教材をレビューしてください、と依頼してきた方々は『The Pickup Artist Secrets』の公式サイトを見て、セクシーな女性の写真をあまり使っていなかったりするあたりから「一般的なナンパ教材とは何か違う気がする…!」という印象を抱いて興味を持った方が多かったのです。

ただ、実際に中を読んでみると「他のナンパ教材と何が違うのかがわからない」「これよりももっとわかりやすい教材あるなぁ…」という印象で、個人的には特別この教材が良いとは思いませんでした。

私独自の感覚ですが、『TAV』や『ナンパテンプレート』の動画だったり、『ナンパの台本』の台本だったり、一般的な教材から抜き出ている教材は、一読したときに「あ、これは落とされる」と本能的に恐怖心のようなものを感じます。

それは私が落とされる女性側だからかもしれませんが、理屈以前に本能的に「このアプローチだと落ちてしまうかもしれない」と危険を感じます。この感覚を元にレビューを行い、実際に結果も出ていますので、一女性としてそれほど間違ってはいない感覚かと思います。

もちろん、各女性によってどこに恐怖心を感じるかはそれぞれ異なると思いますが、「ありす」というサンプル女性の本心をきちんと洗い出すうえで、この「恐怖心」と「危機感」の感覚は、レビューを書く上で絶対に見落とさないようにしています。

その意味で、本教材『The Pickup Artist Secrets』は危機感を感じない教材でした。自分ではない、誰かほかの女性を狙っているような感覚で、「このテクニックで来られても、私は落とされないなー」という安全さのようなものを感じていました。

教材内容に関しても解説自体は丁寧で好感が持てるのですが、「あと一歩!」な物足りなさがありかゆいところに手が届かないので、この教材単体で結果を出すにはそれ相応の行動力が必要となります。

著者の湊さんはナンパコンサルもされているようですので、この教材で成功が難しかった場合は著者のナンパコンサルに出向いたほうが良いかもしれません(それが目的なのかどうかまでは読み取れませんでしたが)。

●まとめ●
『The Pickup Artist Secrets』はナンパの成功理論を丁寧に解説した教材。決して悪くは無いですが、コスパや実践テクニックに関しては『ナンパテンプレート』や『ナンパの台本』のほうが良いので、あえてこの教材を買う理由があまり見当たりませんでした。

ナンパの基礎理論をじっくり学びたい人向け:「後藤孝規のナンパテンプレート」の詳細はこちら

理論よりも今すぐナンパしてみたい人向け:「ナンパの台本」の詳細はこちら

※C級のため、当ブログからの購入リンクは貼っておりません。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ