『Subliminal Talk Master(後藤孝規)』がレビューできません

先月、ご購入者様より「Subliminal Talk Master」のレビュー依頼を頂いていました。が、レビューしたくてもレビュー出来ずに困っています。

その理由をつらつらと書いておきます。

20150519

『Subliminal Talk Master(後藤孝規)』がレビューできない理由

女が惚れるメカニズムと、ユーモアを融合させたトークが習得できる「Subliminal Talk Master」を、購入したのが4月中旬です。ところが、購入から1か月以上経った現在でもレビューできません。

なぜなら、「Subliminal Talk Master」は教材すべてが一度に閲覧できるわけではなく、週に一度、一章ずつ公開される配信型のスタイルを取っているからです。

販売ページにも、この教材が何章で構成されているのか、いつ全て揃うのかが全く記載されていないので、終わりが見えずに途方に暮れています。特典のLINEテクニックなども現段階では配信されてきていません。

手元には5週分のコンテンツが揃っていますが、これが全体の何割に相当するのかもイマイチ見えてこないのに加え、もしかしたらこの後に眉唾テクニックが控えている可能性もあるので、良いのか悪いのかの判断が現段階ではできません。教材内容全てに目を通していないため、いくら私が女性目線を持っていたとしても、これでは的確なレビューができないのが現状です。

そんな理由で困っているのですが、このままボーっと待っているのも暇なので、販売ページの文言から、あとどれくらい待てば全て揃うのかを予想してみたいと思います。

■2015年7月29日追記:全コンテンツ配信完了しました。レビューはこちらからどうぞ↓
>>東京の女が『Subliminal Talk Master(後藤孝規)』を読んだ感想をレビューする

PDF237ページ+3時間の動画

教材はPDF237ページと3時間の動画で構成されているそうです。動画はぴったり3時間という事は無いと思うので、PDFのページ数から現段階での配信ページ分を引き算して、残りの未配信分を割り出してみたいと思います。

1週目:コンテンツ1 コミュニケーションマインドセット

教材は全てメールで配信されてきます。添付ファイルではなく、ダウンロードアドレスがメールに記載されている形です。第一回のメールでは、初回コンテンツに入る前に、読んでおくファイルが2つ用意されていました。

■『Subliminal Talk Master を学ぶ前に知っておくべき会話術(mp3音声付:39ページ)』

20150519-1

■『【序章】なぜ人と仲良くなれないのか? なぜ会話が滑るのか?(mp3音声/wmv・m4v動画付:34ページ)』

20150519-2

です。音声・動画もついていますが、混乱を避けるためここでは割愛します。

この後にようやく『コンテンツ1 コミュニケーションマインドセット(23ページ)』です。

20150519-3

今回96ページが配信されてきましたので、引き算をしてみると残りは141ページです。

2週目:コンテンツ2 ユーモアトークの3ステップ

2週目は『ユーモアトークの3ステップ(12ページ)』です。

20150519-4

笑いを取る前に相手の女性と仲良くなっておかないと、せっかくユーモアトークを繰り出しても無礼な人としか認識されません。そのため、ここではユーモアトークを繰り出すまでの3ステップを解説しています。

前章の141ページから今回の12ページを引くと、残り129ページ。まだまだ先は長そうです。

3週目:コンテンツ3 笑いの構成要素

3週目は『笑いの構成要素(14ページ)』を学びます。

20150519-5

相手から好印象を得るためには必ずしも大爆笑させる必要はなく、小さな笑いを少しずつ重ねていけばよいと述べています。笑いを生み出すための土台となる5つの行動指針と、的確に笑いを繰り出せるよう、笑いの構成要素を理解しておきます。

129ページから14ページを引いて、115ページ。終わりは遠そうです。

4週目:コンテンツ4 笑いのテクニック

今週は「テンドン、スピンオフ、パフォーマンス」というお笑い芸人も使っている笑いの要素を学習します。

20150519-6

テレビ画面の向こうで芸人が行っていた笑いを分析し、実際に自分で使いこなせるように要素を理解していきます。

今回は9ページと少な目でしたので、残り106ページです。

5週目:コンテンツ5 ノンバーバルコミュニケーション

手持ちの最新コンテンツです。A級認定教材「モテ会話マスタープログラム」でも重要視されている、ノンバーバルコミュニケーションについて学びます。

20150519-7

ノンバーバル(非言語)コミュニケーションとは、リアクションやテンション、声の抑揚などの「会話の内容以外」で相手に与える要素の事です。

これも少なめの8ページ。なので、残りは98ページという事になりました。

初回に96ページ配信されてきた以外は、テキストは毎週平均10ページ前後の配信です。なので、このままのペースで行くと全て揃うにはあと2、3か月かかる計算になります。

中身を確認できるまでは正式レビューを行いません

「Subliminal Talk Master」をざっと読んだ印象としては、悪くは無いと思っています。依頼者の方が比較用の候補に挙げていた「人を笑わせる会話術」や「藤村勇気の総合恋愛会話教材」よりも解説が丁寧で分かりやすい印象です。

「人を笑わせる会話術」や「ユーモア・コミュニケーション」は男女兼用ということで、一般的な笑いのノウハウが紹介されていますが、「Subliminal Talk Master」は比較的、対女性向けに作られているので、ユーモアを交えたいじりの解説も行われています。このあとどのような内容で女性向けのアプローチ解説が行われるのか、期待して待ちたいと思います。

ただ、「人を笑わせる会話術」の記事にも書いたように、笑いの要素を突き詰めると、どうしても似通ってきてしまいます。例えば上記のテンドンやノンバーバルなどは、他のユーモア系の教材にもほぼ確実に登場する内容です。

そんなわけで、ユーモア系の教材はあれこれ買っても内容がほぼ同じな気がするので、ユーモア系は自分に合うものを一つだけ持っていれば、それで事足りるのではないかと思っています。

「Subliminal Talk Master」は、今のところそれほど悪くない印象ですが、今後悪い意味で「ええ!?」と思うようなコンテンツが配信されてくる可能性もゼロではないので、判断保留にしています。

中身を確認していない商品を適当にレビューしてオススメするのは、私の運営理念にも反します。なので、きちんと中身を確認できるまでは正式な紹介レビューは書きません。

週に一度、一コンテンツ。というこの配信速度から予想すると、正式レビューは数か月後になりそうな気がします。教材の購入検討をされている方には申し訳ありませんが、気長にお待ちいただければと思います。

ただ…一つだけ確実に言えるのは、こういったスローペースの配信教材なので「今日明日中にユーモアトークを身に付けたい人」には絶対にオススメできない教材だという事です。なので、お急ぎの方は別教材を手に取られた方が無難かと思います。

ユーモアある会話を学ぶのであれば、個人的には「リニューアル版:モテ会話マスタープログラム」をオススメします。

こちらの教材であれば、一度にすべてのコンテンツが閲覧出来ますし、ユーモアに特化した教材ではないものの、女性を楽しませて笑顔にさせる会話を学ぶことができます。加えて「清純系」と「ギャル系」の2タイプの女性との会話を動画で視聴できますので、購入者の方からも「分かりやすい!」と評判の声を頂いている教材です。

●まとめ●
「Subliminal Talk Master」は購入後1か月経っても全ての教材内容が閲覧できないスローペースな教材。てっとり早くユーモアを学びたい人は「リニューアル版:モテ会話マスタープログラム」などの別教材を選んだ方が無難です。

■2015年7月29日追記:全コンテンツ配信完了しました。レビューの続きはこちらからどうぞ↓
>>東京の女が『Subliminal Talk Master(後藤孝規)』を読んだ感想をレビューする

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ