パブロフの彼女:女性をMにするいじりテンプレート(上杉りゅう)のレビュー

パブロフの彼女 上杉りゅう

女性をMにするいじり方がテーマの「パブロフの彼女」という教材を買ってみました。

このテクニックを使われた場合、本当に自分がMになるかどうかを真剣に考え、かつ妄想してレビューしてみたいと思います。

パブロフの彼女とは?

パブロフの彼女 上杉りゅう

「パブロフの彼女」とは、「いじる会話で女性をMにし、従順にさせる」ことを目的とした、心理誘導系の会話教材です。

会話教材と言っても、「モテ会話マスタープログラム」のように立ち振る舞いから学ぶとか、「ガールズマインドハッカー」のように女性から信頼感を得る会話の流れを学ぶというものではなく、もっとシンプルに「いじる会話」に特化した内容となっています。

そもそも「いじる会話」とは、女性に対して上から目線になり、からかったり茶化したりするものです。女性に対して「褒める」ばかりだと「この人、適当に褒めてるな…」と不審がられますし、「聴く」ばかりだと「この人、自分の意見は無いのかな?」とやはり不審がられます。

そんなときに「いじる会話」を織り交ぜると、「え? この人ってそれほど草食系じゃないんだ」「意外と面白い人なんだな」と女性の心に意外性を与え、単調になりがちな会話にアクセントを加えることができます。モテる会話を行う上では必要なテクニックの一つです。

ですがいじる会話を行うには、女性に対して上から目線になることが求められます。そのため、いじりはSの要素を持った男性が習得しやすいテクニックであり、純草食系の男性や自身にM気質のある男性では、この「いじる会話」は再現困難でした。

しかし、

  • 草食系やM気質の男性でもいじる会話を再現することができないか?
  • いじりたいけどいじれないという男性のための簡単ないじりのテクニック教材はないのか?

という視点から著者のテクニックをまとめ、製作されたのが本作「パブロフの彼女」です。

「いじる会話」超初心者向け

どんな教材内容なのかと言うと、

  • 「女性をMにさせるとはどういうことか」といった解説
  • 会話やいじり方について誤解されていること
  • 会話における主導権の取り方
  • 解説付きの具体的な会話例

などがあり、いじる会話が全く分からないという超初心者向けに「そんなに丁寧に解説しなくても…」と思うほど超絶丁寧に解説された内容となっています。

教材販売ページに「高飛車なS女を従順なM女に変化させる」とあったので、従来のいじりテクニックとは違うものかと想像してたのですが、普通にごく一般的ないじりテクニックの解説でした。

TAVのように「確かにこれは落とされる!」といった上から目線のいじりをしてくるわけでもなく、ガールズマインドハッカーのように女性が自然とあなたに依存していく会話が掲載されているわけでもありませんでした。

やり方や会話の重ね方に各恋愛マスターの違いはあるかと思いますが、基本的には「褒め+聴く+いじり」といった、およそモテている男性であればごく日常的に行っているであろう会話内容だと感じました。

ですので、草食系で女性をいじった経験が全くないとか、いじりたいけどいじり方がわからないというM要素のある初心者レベルであれば参考になりますが、ある程度女性をその気にさせる会話ができるといった経験者の方では物足りないと思います。

また、著者本人に塾講師の経験があるためか、教材の解説は超絶丁寧です。例えば、教材後半部の会話テンプレートでは良い例と悪い例を示し、それぞれに「どこが良いのか」「どこが悪いのか」の解説を付けています。テンプレートの言葉を一字一句真似なくても、ポイントを押さえれば同じ流れの会話が再現できるように解説しています。

ですので、初心者の人であればこの会話テンプレートだけでも価値を感じられると思います。前述したように、「確かにこれは落とされる!」といったものすごく効果のあるテンプレート、というわけではないですが、いじる会話の基礎をきちんと押さえている解説です。

「パブロフの彼女」はオススメ?

「パブロフの彼女」は良いのか悪いのかという話ですが、決して悪くはない教材です。ですが、恋愛系マニュアルや恋愛系ブログを読み慣れた人だと当たり前すぎる内容であり、本当に女性をMにさせるいじりが知りたいならTAVの方がしっかりと作り込まれています。

女性をいじる定番の方法を丁寧に解説していますので、「Sになるために、基礎からきちんと学びたい」という真面目な方にとってはオススメですし、「Sになるために、著者独自のこれまで誰にも公開してこなかった激裏情報を学びたい」という方にはおすすめできません。

ただ一女性として、こういった会話をしてくる男性に惚れるかと言ったら若干どうか? といった印象です。個人的には、Sの雰囲気を出したいのなら「パブロフの彼女」で解説されている会話テクニックではぬるい・詰めが甘いと思っています。教材内では手をつなぐときのテクニック解説も行っていますが、あまりSの雰囲気が出せておらず、女性側の顔色をうかがってくるような小心者の印象を受けます。

ですので、女性をM化させたいのなら、この教材だけだと不十分なんです。この教材を手にするなら、必ずTAVで自身のSを強化してください。厳密にいうとTAVは女性をM化させる目的ではありませんが、「強い男」になることで相手の女性があなたに対して相対的にMになっていく感じです。

以下、採点で評価してみます。

ありすが採点しました

価格は適切か?

20/20点

良くも悪くも価格相応です。無期限・無制限のメールサポートや全額返金保証も付いています。

返金保証はもちろん、教材をしっかりと読み、把握し、実践し、分からない部分は著者にその都度質問していることが条件です。教材内容を一ページも実践していない人が返金要請をしても保証対象外です。

ただ、どんな教材にしてもそうですが、教材内容をサポート付きで本気で1年実践して彼女が一人も出来ないというのはあまり考えられないことではありますので、形だけの保証かなとも思います。

販売広告は適切?

16/20点

販売広告が動画のため、若干の読み辛さはありますが、とくにおかしいと感じた販売表示はありません。

唯一、「ほとんどの人が知らない」「一部の恋愛コンサルタントにとって明かされたくない事実」といった、ごく一般的な教材内容からすると若干の煽りが感じられる表現があったため、少しだけ減点しています。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

12/20点

再現可能…ですが、実際に女性に効くかと言えば疑問です。

この教材のテクニックを駆使された場合、私個人が受ける印象は「中途半端なS」です。上記で述べたように、手つなぎの時にこちらの顔色をうかがってくる姿勢や、告白を女性側からさせないといったあたりがあまりSに感じられません。そういったほころびがあると、相手の女性がSだった場合、すぐ主導権を握られてしまいます。

あるところまでは再現可能ですが、こういったほころびからテンプレート通りに会話が進まなくなってきます。そのため、100%再現するには、テンプレートよりも自分の頭を使っていく必要があります。

応用可能な力が身に付くか

12/20点

基礎部分は学べますが、応用、と言う意味では厳しい気がします。

女性をいじる会話、という基礎部分は解説されていますが、女性のタイプは様々です。例えば大人しい女性とそうでない女性とではアプローチの方法が違ってきます。

加えて、この教材で学べるのは「いじる会話」のみですので、そこから会話力を発展させていく…のはこの教材だけでは若干厳しいと思います。

女性がされて嬉しいテクニックか

10/20点

非常に微妙です。人によるとしか言えません。

例えば、私が相手からこのテクニックを駆使された場合「中途半端なS」と感じてしまうのです。ところどころSに感じられない振る舞いも行っていますので、「この人、Sに見せかけてるだけで本当は弱い人なのかも」と感じてしまうような気がします。

そんな理由で、このテクニックは、生粋のSの女性にはあまり効きません。見せかけのSが本来のSには勝てないからです。ですので、このテクニックが効くのは大人しめの、恋愛慣れしていない女性である気がします。

あなたからいじられることを心地よいと感じ、何でも言い合える仲であると認識できる女性こそ、いじりを嬉しいと感じるはずです。

結論!ありすの評価は?

70/100点

個人的な印象ですが、本教材は「いじる会話を知りたい会話初心者」「TAVを買ってみたいけど敷居が高そうで尻込みしている」と感じる人にこそ向いている気がします。

「パブロフの彼女」は、草食系の男性でもSのいじりが出来るようになる方法を丁寧に解説していますが、本当にSのいじりを学びたいのなら本作ではなくTAVを選んだ方が良いと思います。

ただ、TAVはある程度恋愛に対する下地が出来ていないと「何がわからないのかわからない」といきなりつまづいてしまう可能性のある教材です。そのため、「TAVを買ってみたいけど敷居が高そうで無理」と尻込みしている人は「パブロフの彼女」をTAVへの足がかりとして読み、段階的にSに変化していけば良いのではないかと思います。

その意味では「パブロフの彼女」は「ゆるS」になるための教材である、というのが個人的な印象です。

また、どうしてもSになりきれない、と言うのでしたら、買うのは「パブロフの彼女」ではなく「モテ会話マスタープログラム」「ガールズマインドハッカー」です。これらの教材であれば、わざわざSにならなくても、女性と同じ目線での会話ができます。

●まとめ●
「パブロフの彼女」は、それほど秘匿性のある内容ではなく、いじる会話を丁寧に解説したごく一般的なテクニック教材。いじる会話を基礎から知りたい人や、TAVは敷居が高そうと感じる人にもオススメ。

パブロフの彼女:女性がMになるいじりのテンプレートの購入はこちら

※こちらは【共通特典】対象教材です。
3セットのうち「特典B:マインド強化セット」をお付けしています。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ