婚活パーティーで個別に名刺を渡すと効果的?

ブログ読者の方から「婚活パーティーの最中に名刺を渡すのはどうでしょうか?」という質問をいただきました。

読者様はこのテクニックのレビューをご希望でしたが、教材ではないためテクニックに対する私個人の感想をお伝えしました。以下でまとめていきます。

質問:婚活パーティーの最中に、名刺を渡すと効果的ですか?

ありすさま こんにちは。

以下のような婚活のやり方についてレビューしていただけますでしょうか?

まず婚活イベントは、はじめに参加者全員のお互いのプロフカードを見せ合いながら自己紹介をしたあと、ゲーム、フリータイム、最後にマッチングをして、お互い気が合えば、カップル成立といった流れです。

そのイベントで始めのプロフカードのみせあいこの段階で、軽くプロフカードに眼をとおしたあとに、目の前の相手が気に入ったならば、「一寸いいですか」と切り出し、「この短い時間でお互いのこと分かろうとするのは無理ですよね」「だからといって何も話さない訳にはいかないですよね」と続け、ここで自分の連絡先を書いた婚活用名刺を渡して、「ご連絡いただければ、後日、お昼にお茶でゆっくりお話できたらと思います。」
と 伝え、あとは雑談。これを何人かにして、イベントはマッチングもせずに帰り、後日連絡が来れば、その人とあって縁をつなぐというやり方です。

複数人とあうこともあり、その中から選んで他との関係は切っていけばいいというやり方です。

このやり方を教えてくれた人は、しっかりとした結婚観の持ち主ならば必ず連絡がくるはずだと言っていました。ちなみに、私には連絡きたことはありませんでした。 

このやり方をレビューするとなれば、どういった理由で何点くらいになりますでしょうか?

※掲載にあたり、一部文章の削除・変更を行っています。

ありすの解答:会話前に渡すのはイマイチ

しっかりとした結婚観の持ち主ならば必ず連絡がくるはずだとのことでした。ちなみに、私には連絡きたことはありませんでした。

 
個人的な印象を述べさせていただきますと、イマイチです。

私がもしこのテクニックを相手からされたら、失礼ですが当日中に名刺を処分すると思います。

と言いますのは、まずお互いにあまり話もしていない状態で「~ですよね」と、女性の意志を確認せず決めつけの言葉を使っている時点で、「この人私の話を聴く気なさそうだな」と思うからです。

「ご連絡いただければ~」というセリフ回しも、「私(=男性)はそれほど興味はないけど、あなたが私と会いたいのなら会ってあげますよ?」のような、悪い意味で上から目線の印象です。

加えて社名の入っていない婚活用の名刺を持っている時点で「バラ撒き用かな」と勘繰ります。本当に相手の女性が気になったのなら、堂々と社名の入った名刺を出すはずだからです。そうではなく、わざわざ事前に婚活用の名刺を用意しているということは、不特定多数の女性に渡す必要があるからだろうと考えてしまいます。

婚活という場ですので、女性側としては数十年添い遂げられる相手を探しているはずです。女性は男性のように、付き合う異性を第一印象で決めることはかなり稀で、相手の男性の人間性がある程度見定められてから判断します。

ですので、初見の段階で名刺を渡されると「ヤリ目的?」のように思ってしまうのです。そのため、帰り道に名刺を処分する…という展開になることが予想されます。

で、もしこの「名刺を渡す」というテクニックを使うのであれば、若干の修正が必要です。

それは、

・会話力を上げておく
・女性との会話が盛り上がり、相手の女性が「もっと話したい」と思ったタイミングで渡す
・使う名刺は仕事用の名刺

です。順に解説しますと、

・まず会話力を上げておくことで損はありません。具体的な会話方法は当ブログ推奨教材に書かれていますので割愛しますが、「女性を楽しませる」「笑顔を引き出す」会話が基本です。

・会話力で女性との会話を盛り上げ、女性が楽しんでいるタイミングで(できれば時間ぎりぎりで「もっと話したい」と相手の女性が思うようなタイミング)名刺を渡します。会話が盛り上がっている時に時間が来ると、名残惜しさが出るので、その感情に乗っかります。

・その際に使う名刺は、婚活用の名刺ではなく、仕事用の名刺を出したほうが良いです。というのは、婚活用の名刺だと「わざわざ婚活用に作ってるってことは、バラ撒き用か…」と勘繰る女性がいるからです(私もそのタイプです)。手持ちの紙の裏に走り書きしたとか、仕事用の名刺を出したほうが「他の人ではなく、あなたともっと話したい」という思いが伝わります。

婚活といった、不特定多数の女性がいる場合でのアプローチは、「あなたでないとだめ」という理由があると、強いです。

補足:テクニックそれ自体は可も不可もなし

相談者様にはこのように返信させていただきました。

「名刺を渡す」というテクニックそれ自体は可も不可もありません。ただこの場合は渡すタイミングとそれに伴うセリフがあまり良くないため、修正した方が良いとアドバイスしました。

ただ、今回の相談者様はこのテクニックについて「人からアドバイスされた」と書いておられましたが、そもそも「婚活パーティー中に連絡先を渡す」という方法は、あまり特別な方法ではないような気がします。大手婚活パーティーでも「アプローチカード」や「アピールタイム(※連絡先交換推奨)」などの名称で、パーティー中の連絡先交換は推奨されています。

■参考サイト:
独身社会人のための日本最大お見合いパーティー エクシオ

初参加・一人参加も安心の婚活パーティー シャンクレール

なので、パーティー中の連絡先交換そのものは悪くないし、むしろ連絡先交換が確実にできるので良いのですが、今回の相談者様のやり方だと「会話前」にそれを行っているのがまずいです。

上記婚活パーティーだと、ある程度会話をしたパーティー後半部で連絡先の交換をしていますが、相談者様のやり方だとまだお互いの印象も定まっていないうちに名刺を渡してしまうので、女性からすると「誰でもいいんじゃないの?」と思ってしまいがちです。

ですので、名刺を渡す際にはまず女性を楽しませてある程度の好感を得てから「あなたじゃないとダメ(=あなたは私にとっての特別な存在)」という意思を同時に見せるのが良いと思います。

このやり方を教えてくれた人は、しっかりとした結婚観の持ち主ならば必ず連絡がくるはずだと言っていました。

とありますが、個人的にはしっかりした結婚観を持っている人ほど、連絡はしない気がします。

連絡が来るのは、結婚したくてかなり切羽詰まっている女性、とかだと思います。

●まとめ●
パーティー中に名刺を渡すにはタイミングが肝心。会ってすぐ渡すのではなく、目の前の女性を会話で楽しませ、タイミングで渡しましょう。

婚活パーティーで、女性と笑顔で会話する方法はこちらから↓

婚活パーティーで女性と楽しく話すための参考書『ブーストコミュニケーション』

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ