KABUTOが活動停止?出水さんの「突破×覚醒」って何?とお困りのあなたへ

「出水聡さんの恋愛テクニック教材を販売しているKABUTOが活動を停止するそうですが、本当でしょうか?」

…という質問メールをいただきましたので、私の回答をシェアしておきます。
(※この記事は2015年6月20日時点での情報です)

20150620

質問:株式会社KABUTOが活動を停止するのでしょうか?

出水さんの教材を販売しているカブトという会社が活動を停止するそうですが本当でしょうか。ありすさんはどう思われますか?

私の回答に入る前に補足です。

カブト、とは恋愛教材の販売社さんのことです。正式な社名は「株式会社KABUTO」。恋愛業界では有名な会社さんのようなので、私もいろいろとレビューしています。

>>Three Questions!完全版(残念教材)
>>激モテLINE術(C級教材)
>>口説きプレミアム会員プログラム(C級教材)
>>ネット出会いノウハウNET SPIRAL(B級教材)
>>逆ナンを可能にするロックオン法(B級教材)
>>半自動的に女性の恋愛感情が乱れるESCALATION(B級教材)
>>彼氏持ち女性を落とすサイコロジカル法(A級教材)
>>【リニューアル版】モテ会話マスタープログラム(A級教材)

色々と販売していますので、評価も色々です。

で、この販売社さんから購入者宛に「10年続けてきたメルマガをやめる」、加えて「即日口説ける教材は販売終了する」という内容のメールが届いたそうです。まあ、私でも一瞬焦る内容です^^;

で、この件に関して私自身がどう思うのかに加え、販売社さんからのメールも引用しながら今後のKABUTOさんについての方針をお返事しました。

以下、私のメール回答に加筆したものを転載します。

ありすの回答:心配することは無いと思います。

今回のKABUTOさんですが、特に心配されることは無いと思います。

●●様は「突破×覚醒」の販売ページをご覧になったのでしょうか? 確かに、「活動終了」の文字がありますね。
※ありす注:販売ページのURLは一般非公開、KABUTOさんのメルマガ読者のみの公開だそうです。

20150620-1

20150620-2

活動停止うんぬんに入る前に、このプログラムについて説明しますね。

名前は「覚醒プロジェクト」とか「覚醒プログラム」とか変わっているものの、「WayBack(過去ページ閲覧ツール)」を使うと分かるように、毎年やってます。今年に限らず、去年(2014年)もその前(2013年)もこのサイトはあったんです。

なのでそこから考えると、KABUTOさんはある一定期間以上の自社メルマガ購読者に対して、このサイトへの誘導を行い、教材購入をオススメしているのではないか? と思われます。

なぜそういった事をするかというと、ビジネスだからです。

しかも販売ページを見て頂けるとわかるように、プログラム参加費はかなりの高額です。ですが、高額だという事は、販売者さん側としてはビジネスチャンスなわけです。

もちろん、ただ誘導しただけでは簡単に買ってくれる金額ではないので、メルマガ読者(購入者予備軍)さんを焦らせて通常の思考が出来ない状態まで煽って(あおって)おく必要があります。

そのため、今回の活動停止うんぬんもその煽りの一要素ではないかと思われます。

なぜそう言えるのか? と言いますと理由は簡単で、KABUTOさんのメルマガと販売ページ内において「会社は継続する」旨の発言をしているからです。

まずメルマガですが、

3日前にお送りしたメールに記載した理由通り、モテる男を育てる活動にシフトしていきます。

このように書いてあります。続く販売ページでは、

20150620-3

これからはチームKABUTOの活動内容をパワーアップさせ、『モテる男』を育てることに集中していきます。

と書かれています。会社自体が無くなる訳ではありません。

以上の理由により、KABUTOさんは「今までやってきた旧式の活動を活動停止」するのであって、会社そのものが活動停止するわけではない、と思われます。

「覚醒」よりコストを抑えて即日落としする方法

以上のようにお答えしました。

この「覚醒」ですが販売ページにツッコミを入れたくて困りました。例えばトップ画面には、

20150620-4

「8週間で狙って即落としが出来るようになる」と「60日以内で即落としの能力を覚醒させます」という表現が並んでいるほか、「60日後には~」といった表現も見受けられます。

実際、何日で効果が出ると明確に言い切れない&証拠となるデータを示すことができないのであれば、景品表示法の「不実証広告規制(4条2項)」(根拠を立証しなければいけない)に引っかかる可能性があります。モニターが成功したから、では不十分で、消費者庁によると

消費者の体験談やモニターの意見等については,無作為抽出法で相当数のサンプルを選定し,作為が生じないように考慮して行うなど,統計的に客観性が十分に確保されている必要があります。

-消費者庁 表示対策課

とのことです。「作為が生じないように考慮して行う」というのは、人間が相手である以上、極めて困難かと思われます。もしKABUTOさんがこの証拠となるデータを持っているのであれば、信頼感も格段に向上しますので、ぜひ販売ページ上に掲載したほうが良いと思います。

続いて、

20150620-2

「活動中止」「このプログラムを最後に活動を止めます」といった表現を信じてそのまま最後まで進むと、

20150620-3

KABUTOさんの気が変わったのか「活動内容をパワーアップさせます」と書かれており、いったい何を信じたらよいのかわかりません。誤植でしょうか、KABUTOさんにお知らせしたほうが良いのか、気になります。

「覚醒」のプロセスですが、販売ページを読む限り、15の段階に分かれているようです。ただ、その10段階目くらいまでは「【リニューアル版】モテ会話マスタープログラム」で習得できる内容のようです。

20150620-5

残りの5ステップが極秘、とのことですが、女性側としてはこの部分は「ガールズマインドハッカー」と「性欲トラップ」の合わせ技で充分です。

両教材を買ったとしても、「覚醒」に比べたらお釣りがきます。なので残りの4ステップにあれだけの額を払う必要はあるのか、コスパが悪すぎるんじゃないかと心配になります。

個人的には「ガールズマインドハッカー」で充分落とされると思っているのに加え、「性欲トラップ」の相沢さんのメールサポートが丁寧なので、別にこんなに高額を払わなくていいんじゃないかと思いますが、出水さんファンだとか、どうしても気になるとかいう方は止めませんのでぜひ購入してください。

そんな不思議な教材「覚醒」ですが、私のところには「覚醒を買って満足しています。でも●●という教材を買おうかどうか迷っています」という、過去に購入された方からの不思議なメールが届いています。

この教材で覚醒できたのなら、他に教材は買わなくて良いと思うのですが、この方に関しては他の教材が気になってしまったようです。あなたにも同じことが起こるとは言い切れませんが、少なくとも「この教材さえあれば完璧だ!」と完全に覚醒できるプログラムでは無いようです。

教材の販売停止について

自動送信のメールなのに加え、私以外にも知っている人は大勢いると思いますので、KABUTOさんからのメールをそのまま転載します。

3日前にお送りしたメールに記載した理由通り、モテる男を育てる活動にシフトしていきます。

活動に集中するため、我々の商品もモテ会話マスタープログラムとLINE術以外は全て販売中止にする予定です。

もちろん、僕の代名詞となり、今でも多くの方から成功の声を頂いている妄想操作術や、3つの質問で女性を口説くTHREE QUESTIONSなどすぐに販売中止にする予定です。

すでに、ナ●パ系教材は販売中止にしてあります。常にランキングに入る凄く人気の教材でしたが、先日終了しました。

即落としの実録動画なども、近々終了とします。

だそうです。

「THREE QUESTIONS」は「モテ道」において残念教材、その他の口説き教材についてもA級以外のものが多かったので、手前味噌ですが「私の評価はあながち間違っていなかったのかな」とか思っています。

激モテLINE術」に関しては7月頭にリニューアルするそうですし、今後に期待です。販売中止となる教材については、KABUTOさんの方針が変わるのであれば、「過去の遺産」と化す教材ですので、焦って買う必要はないと思います。

●まとめ●
KABUTOさんは活動停止ではなく、パワーアップします。「覚醒」は販売ページに突っ込みどころがあります。販売中止教材については、「過去の遺産」と化す恐れがありますので、購入は良く考えてからにしましょう。

※2015年6月21日追記:「即落とし関連の活動を中止」です

昨日20日にKABUTOさんからの更なるメールが届いていましたので、転載します。

この突破×覚醒プログラムは、KABUTOが即落とし関連の活動を全て中止する前の最後の教材ということで、悔いなく我々が渡せるものは全て渡しています。

上の記事にも書きましたが、「会社の活動を停止」ではなく、「今までやってきた旧式の活動を停止」で間違いはなさそうです。

そもそも「即落とし」するためには、男性側の身だしなみ・会話力・分析力・実行力等々が一定レベル以上ないと難しいものでした。KABUTOさんの即落としテクニックで私が唯一A級を付けた教材「サイコロジカル法」に関しても、レビュー内で「初心者には困難」と注意喚起を行いました。

出水さんがいくらテクニック系の教材を出しても、実際に成功するには中級者以上の購入者さんでないと難しかったのではないかと思います。そういった理由で教材の再現度が低下すると、会社の評判も落ちて教材も売れなくなり、悪循環に陥ります。

ですので、KABUTOさんがここで「モテる男を育てる活動」に入る改革を決断したということは、恋愛業界においてもよい変化だと思っています。というのは、初心者向け教材「【リニューアル版】モテ会話マスタープログラム」が女性目線で見ても優良教材だったこともあり、ゼロをイチにするための教材を作る能力は、極めて高い販売社さんだと感じたからです。

煽りが強めな販売社さんですが、テクニックそのものは私が見てもなかなか面白いものが多いので、新教材が発売されるとついつい買ってしまいます。これからの活動にも私自身かなり期待していますので、新たな展開を待ちたいと思います。

※2015年6月23日 さらに追記:本日付けのKABUTOさんのメルマガに、以下のような文面がありました。

我々、KABUTOは解散いたしません!!

KABUTOの活動を中止と伝えてきましたが、それは今までの即落としを追求する企業活動を全てやめるということです。

実際は、今ある商材などは全て無くなる予定です。

カブトが潰れるなどではありません。

サポートもがっつり継続させていただきます。

…だそうです。安心して大丈夫そうですね。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ