『女性を‘いじる’技術(相沢蓮也)』で、いじられる側の感想をレビュー

株式会社R&G相沢蓮也さんの『女性を‘いじる’技術』についてのレビュー依頼を複数いただきましたので、まとめます。

正直、情報商材としては破格なので、サクッと買ってしまっても良い気もしますが、買う買わないよりも「このテクニックは本当に効くのか」を知りたい方向けに、個人的な感想をレビューしていきます。

20151212

いじるテクニックは、相手との関係が築けている状態で使うことが大前提

レビューに入る前に「いじる」に関する個人的な印象を書いておきます。

「いじる」は、好きな人からされると心地よいですが、なんとも思っていない人からされると、かなりムッとします。顔で笑って心で飛び蹴り、みたいなこともしばしばです。

そもそもいじるテクニックは、「からかう」「バカにする」「上から目線」と紙一重みたいなところがあるので、相手の女性と気心知れている状態で使わないと逆効果になります。

いじる会話としてベタなのは、

あなた「お前ってバカだなー」
女性「ひどーい」

みたいなものだと思いますが、これはお互いに関係が築けているから使える会話です。例えばですが、よく知らない相手からこのセリフを言われたら、かなりイラッとするはずです。つまり、

初対面の相手「お前ってバカだな」
あなた「!?(第一声がそれ!?)」

ということです。

いじる会話とはその言葉自体に良い悪いがあるわけではなく、相手との関係が築けていることが大前提です。いじられる側としては、好きな人からいじられるから楽しいのです。相手が冗談で言っていることが分かる、冗談を交えつつ会話を楽しむことが出来る、ので、いじる・いじられるというよりも「じゃれあい」という感覚です。

そもそも「じゃれあい」ですので、いじる会話で女性を落とす、と言われてもあまりピンときません。少なくとも私自身に関して言えば、いじられている時に恋心を抱いたことは皆無です。いじる会話はからかったり、上から目線になったりするものですので、度を過ぎれば当然相手は不愉快になります。この意味では、料理に使う「スパイス」の役割とよく似ています。

スパイスはおいしい料理に適量を使うものです。まずい料理にいくらスパイスを効かせても意味がありません。それどころか、「おいしくならないから」といってどんどんスパイスを使ってしまえば、味はそれに比例して低下していきます。いじる会話も同じで、相手との関係が十分築けていれば、いじることで会話を楽しむことが出来ます。ですが、相手との関係が不十分であるのに、いじりのテクニックを使ってしまっては意味がありません。

そんな理由から、個人的な意見としては「いじるテクニックは『からかう・バカにする』という性質上、相手との関係が築けている状態で使うことが大前提」だと思っています。これを踏まえて、レビューしてみます。

『女性を‘いじる’技術』ってどんな教材?

20151212-1

教材本体はPDFで113ページのシンプルなものです。音声や動画はありません。

「女性をいじる意味とは」「いじるテクニックのよくある勘違い」といった、テクニック以前の段階から解説してくれていますので、いじるとは何なのか? といったいじり初心者の方でも読み進められる内容になっています。

その後、いじるテクニックを使う上で守るべき8つのポイントを解説し、最後に具体的ないじりのテクニックを8パターン紹介して教材は完結します。

多少話が脱線したり、「ん?」と疑問に思う箇所もちらほらはありますが、ほぼ当ててきている印象です。基本をきちんと押さえ、「いじるとは何か」がわからない人にもノウハウの軸を示してくれる良書です。

ですが、販売ページにある

・彼女を落とす魔法の言葉
・彼女の目がウルウルとして、唇がいやらしく濡れ…

といった魔法のテクニックに期待している人や、女性と何を話せばよいか、分からないので対処法を知りたい、という人には向きません。本教材で解説しているのはあくまで「いじるテクニック」だけですので、会話の基本は「モテ会話マスタープログラム」などの他教材で習得していく必要があります。

そもそもいじるテクニックは先にも述べたように「からかう・バカにする」が基本ですので、これのみで女性との会話すべてをカバーするのはプロのお笑い芸人でもかなり困難です。いじるテクニックはあくまで「基本となるモテ会話」を習得した上でスパイスとして使っていくものです。

教材では「●●を行うと、女性が▼▼の話を真剣に話してくれますので」「■■をして、辛さや愚痴を聞き出します」といった記述が見受けられますが、女性から話を引き出すまでの具体的な手順はさらっと触れるにとどまっています。

そのため、女性があなたに心を開いていろいろと話してくれるだけの関係にないとか、そこまで会話を引き出せるだけの話術が無いとか、そういった方は買っても使いこなせないと思います。「女性と気の置けない会話ができること」は、いじるテクニックを使う上で必須となりますので、ご注意ください。

したたかな女性は、本音を出さない

「女性を‘いじる’技術」には、女性のM度を調べる方法として、相手の女性に対して段階的にいじりの強度を上げていく方法が紹介されています。女性の反応を見ることで、相手の女性がどの程度Mなのかを調べることが出来るそうですが、正直なところ、したたかな女性であれば本音を出しません。

本音を出さない、に関しては私自身の話なので、女性全体に共通するものなのかは断定できませんが、何かの参考になるかもしれないので書いてみます。

私が20歳前後だった当時、学校や職場では年上の男性からいじられることが多々ありました(※注:これは「私」がモテたわけではなく、「20歳前後の女性」がモテたのです)。その時、私がしていた対応は、例えば「お前ってバカだなー」みたいにいじってくる人がいたとしたら、「とりあえず笑いながら『ひどーい』と言ってみる」でした。

これは、自分自身がMだった、というよりも「たぶん、こうした方が可愛がられるんだろうな」みたいな理由です。

なぜMを装うかと言うと、そこで年上の男性に逆切れしても、得るものが何もないからです。ほどほどに抜けていて、愛嬌のある女性は可愛がられます。学校でも職場でも、その方がうまく回るから、という意識からでした。

…と、ここまで書いてふと思い出したのですが、漫画家の安野モヨコさんの著作「働きマン」の女性キャラが、こんなセリフを言っていました。

「ぶつかっちゃダメです。かわすんです」

「怖かったですよ。最初は全然、入れてもらえなくて。でも、途中から、男に負けたくないって思うからぶつかるんだって、気づいて――だから、力抜いたんです。
女の子らしく、女の子として扱ってもらおうって。
女の子らしく気を使うことにしたら、みなさん、可愛がって下さるようになったんです」

「バカ正直に怒っても、めんどくさいじゃないですか、あのタイプの人」
「可愛がってもらっとけば、いいんです」

■参考リンク:
>>働きマン1巻

本当に、これにかなり近い意識でした。

なので個人的には、知り合ってすぐの男性がいじってきた場合、あんまり本音で反応しないかなと思っています。

例えば男性(あなた)でも、上司や先輩からいじられたら「軽く受けて、笑う」という同じ対応をするのではないでしょうか。やはりカチンと来ても受け流すことで、相手の顔を立てたりその場の雰囲気を明るく保つといったメリットに通じますので。

ちなみに、お互い初対面の合コンなどでは、いじってくる男性は全て笑いならかわして、後日ラインブロック、みたいな流れになります。もちろん、会話が楽しかったり人間的に魅力があればそのままやり取りします。

なので、個人的なベストとしては、知り合ってすぐは「友達になること」を目指すのがいいんじゃないかと思います。いじるのは、相手の人間性が把握できてからのほうが良いと思います。

先にも述べましたが、いじるって「じゃれあい」だからです。子犬がころころ絡まりながら相手を噛んでるイメージなので、相手と自分の「噛む力の限度」を知ってないと大けがします。

本作「女性を‘いじる’技術」ではいろいろと例を挙げていますが、どれも「仲良くなってから」「相手を知ってから」なら効果があると思います。

女性のM度を見抜く4ステップも、正直仲良くない段階では結構偽れるので、女性の反応を見分けるのがよほど得意でない方でないと難しいかと思いました。

見分け方に関しても「その女性が一番心地よいと感じる強度でいじってみてください」という判断基準ですので、あなたの自己判断です。自己判断するには、その女性と友達関係になっているか、圧倒的な女性経験から導き出されるカンで判断するか、のどちらかではないかと思うので、初心者がいきなり手を出して成功する、というノウハウでは無いかなと思いました。

いじる、はあくまでスパイスです。総仕上げです。女性との会話をより楽しみたいと思う人は買いですし、それ以前にモテる会話そのものに自信が無い人は会話の基礎から学び始めたほうが無難です。

以下、採点で評価してみます。

ありすが採点しました

価格は適切か?

20/20点

安いです。

いじる会話とは何なのか、といった基礎から、どのように繰り出していくかと言った実践まで、しっかりとポイントを押さえた内容でこの価格は破格です。

この価格でフォローメールとメールサポート(30日間・無制限)も付けてきていますので、非常にお買い得です。

販売広告は適切?

12/20点

■二重価格表示■
最初の1000人まで1260円、としていますが販売ページ下部にある「特定商取引法」のリンクを開くと「1260円」で固定されています。4700円が「正規の価格」だそうですが、この価格で販売された実績が見当たらないため、景品表示法違反である二重価格表示の可能性があります。

■誇大広告■
先にも述べたように、

・彼女を落とす魔法の言葉
・彼女の目がウルウルとして、唇がいやらしく濡れ…

は、さすがに書きすぎかと思います。

そもそも本教材は「いじるテクニック」であり、ホテル誘導や女性の性欲を高めるといったノウハウに関してはほとんど触れていません。あくまで「女性をいじるノウハウ教材」ですので、過度の期待は不要です。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

12/20点

やや困難です。

本教材は「いじるノウハウ」に特化しており、女性との基本的な会話ができないという口下手な方や、女性と友達になれるだけの会話ノウハウが無いといった方では再現困難な使用になっています。

いじる会話とは「相手に対して上から目線になる」「バカにする」といった性質があるため、相手との間にある程度の信頼関係が無い状態では全くの逆効果になります。

いじるテクニックを使う場合は、「初対面の女性とも仲良くなることができる」「気心知れた女友達がいる」という状況下にないと再現困難ですのでお気を付けください。

応用可能な力が身に付くか

16/20点

身に付きやすいです。

同じ「いじる系教材」としては、「パブロフの彼女:女性をMにするいじりテンプレート」がありますが、長く使っていけるのはこちらの『女性を‘いじる’技術』だと思います。

と言うのも、本作では「なぜいじるのか」「どのように使っていくべきか」といった、いじるテクニックの下地となる部分に関してもきちんと解説を行っていますので、根なし草になることなく自分自身で考えて「いじるテクニック」を使っていくことが出来ます。

実際のいじるテクニックの具体例に関しても複数挙げていますので、その中から自分自身にあったタイプを選び、使い続けていくことで応用力も自然と身に付いていくものと考えられます。

女性がされて嬉しいテクニックか

12/20点

正直、相手との関係性によります。

先にも述べたように、「いじるテクニック」は相手との関係性によって効果がかなり左右されます。あなたと相手の女性との仲が良ければ、プラスアルファとしての効果が見込めるでしょうし、初対面の相手に使う場合はそれ相応の女性経験値と腕前が必要となります。

本作で述べていることは、いじるテクニックの基礎ではありますが、万人受けするものではありません。これを使ったからと言って初対面の女性が即あなたに心を開くといったものではありません。

「いじるテクニック」とは、気心知れた関係をさらにもう一歩深めていくための、スパイス的な役割を果たすものです。初対面の女性にいきなり使ってしまうと、「何この人…」と引かれる可能性もありますので、必ず相手の女性との距離感に応じて使い分けてください。

初対面の女性ともすぐ仲良くなれる、という方や、「モテ会話マスタープログラム」「ガールズマインドハッカー」といった基礎会話教材を習得済みという方であれば、問題なく使えるテクニック教材です。

結論!ありすの評価は?

72/100点

初対面の女性とすぐ仲良くなれる人にとってはA級。会話初心者にとってはB級。の教材です。

「女性を‘いじる’技術」では、タイトル通り女性をいじる技術のみ解説していますので、「会話力は無いけれど、いじるテクニックさえ身につければ女性を落とせるに違いない」と思っている人には向きません。そういった方はくどいようですが会話の基礎から習得した方が無難です。

個人的な意見ですが、「いじる」会話は、女性を落とす上で必須ではないと思っています。確かに、じゃれあいのような一面もあるので、あるに越したことはないでしょうが、男性・女性の双方のタイプによっては合わない可能性もあるテクニックです。

本教材が役に立つ人と言うのは、

  • 初対面の女性ともすぐに打ち解けられる
  • 気心知れた女友達がいる
  • 「モテ会話マスタープログラム」「ガールズマインドハッカー」習得済み

といった、ある程度会話力を持っている方です。そういった方が会話に幅を持たせるために「いじる」テクニックを習得し、「お前って本当にバカだなー(笑)」「ひどーい(笑)」みたいな会話をします。

買う買わないは自由ですが、実践に際しては「今の自分の会話力は、初対面の女性と打ち解けられるレベルにあるかどうか」をよく検討したうえでお使いください。

●まとめ●
「女性を‘いじる’技術」は、初対面の女性と打ち解けられる会話力を持っている人向け。破格なので買って損は無いですが、実践するときは自分の会話力とよくご相談ください。

『女性を‘いじる’技術』の購入はこちら

※こちらは【共通特典】対象教材です。
3セットのうち「▼特典C:恋愛テクニックアップセット」をお付けしています。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ