酔った勢いでセックスする方法?2つの教材のテクニックを比較レビュー

「サシ飲みセックスアリジゴク」と「女を酔わせて、巧妙に、拒絶できない流れを作り出し、気に入った美人や、他人の彼女を寝取っている、卑劣なヤリちん男たちの手口の一部始終を、防犯の目的で公開することにしました。」

どちらも女性を酔わせてセックスの雰囲気に持ち込むという「お酒×心理誘導術」の教材です。これら2つの教材の中身を確認しましたので、感想をまとめておきます。

酔った勢いでのセックス、の問題点

初めに書いておきますが、「サシ飲みセックスアリジゴク」の記事でも触れたように、女性を酔わせてのセックスは準強制性交等罪(※2017年7月以前の「準強姦罪」5年以上の有期懲役)に該当することもあります。男性側のリスクが非常に高いテクニックですので、女性に使う場合は正確に再現する必要があります。

どちらの教材も、女性をいかに酔わせるかというテクニックに終始していますが、泥酔させるのはやめてください。女性の体にも悪いですし、それ以前に女性を泥酔させてのセックスは犯罪です。決して行わないでください。

そしてここからは個人的意見です。

過去に遭遇した経験から言います。私は(私だけでなく多くの女性がそうだと思いますが)、セックス目的で相手の女性を酔わせようとする男性が嫌いです。

全く魅力を感じませんし、女性をヤリ捨てするような、体目当ての男にしか見えません。人柄を含めた女性自身ではなく、女性の「顔」と「身体」しか見ていないようなレベルの男性だと思っています。

何が言いたいかと言うと、あなたがこのテクニックを中途半端に行った場合、相手の女性はあなたに対してこのような嫌悪感を持つという事です。一度抱いてしまった嫌悪感はなかなか消えませんので、それだけは肝に銘じておいてください。

これらの教材を紹介している理由

では、なぜこの教材を紹介しているのかと言うと、「あなたが好きな女性とお酒でいい雰囲気になったときに、お互いが自然にセックスへと移行できる雰囲気作りを学んでほしいから」です。

女性と良い雰囲気になったとしても、女性の方から「セックスしよう」とは言い出しにくいのです。軽い女だと見られたくないですし、そもそも恥ずかしいです。そんな理由で、女性の方からセックスへの積極的なアプローチをされる、というシチュエーションはかなり珍しいものであるとご理解ください。

ですので、お酒に酔った女性があなたとセックスしてもいいなと思っていた場合、あなたが女性をリードしていくテクニックを身につけておく必要があります。女性側の意見で恐縮ですが、最後の一押しは女性ではなく、男性にリードして頂けるとありがたいです。スマートに女性を誘えることで、更なる好印象にもつながります。

一線を超えるためのテクニックを知らずにいると、グダグダとした雰囲気になり、誘導に失敗してしまう可能性もあります。せっかくのチャンスを棒に振っては意味がありません。「お互いが良い雰囲気になったときに、自然とセックスに誘導できる雰囲気作り」を、男性であるあなたに身に付けておいてほしいのです。

そして、多くのモテない男性はお酒に飲まれます。飲んで気が大きくなって女性に説教したり、自分語りをしたり、ひどいとセクハラをしてくる男性もいます。これらの教材を読むことで、そういった男性陣とは別格の存在になるための方法を知る事が出来ます。

雰囲気作りや心理誘導術としては『性欲トラップ』が優良級ですが、お酒の力を使っての誘導術ではありません。大人の男女であれば、デートの席にお酒が出るのは当たり前とも言えますので、お酒のある席で女性に好印象を与えるためにも、一度は目を通しておくことをオススメします。

2つの教材の比較

サシ飲みセックスアリジゴク

  • 女性と既に楽しく会話出来ている人向け(初心者可能・中級者推奨)
  • 会話×テクニック×心理誘導教材
  • 具体的な会話例やテクニックを紹介
  • 酔った勢いでのセックス推奨派(犯罪におよぶ行為は非推奨)
  • 4ジャンルのお酒に誘導することを推奨
  • 市販の媚薬に関する記述は無し
女性と楽しい会話はできているけど、今一歩踏み込んだ関係になれない人向け

女を酔わせて、巧妙に、拒絶できない流れを作り出し、気に入った美人や、他人の彼女を寝取っている、卑劣なヤリちん男たちの手口の一部始終を、防犯の目的で公開することにしました。

  • 何がわからないのかわからない人向け(初心者~)
  • 酔いやすいお酒の紹介+恋愛基礎ノウハウ
  • 女性を落とす上でのマインド構築、考え方を解説
  • 酔った勢いでのセックス非推奨派(本教材は防犯を目的として公開)
  • ワインから日本酒、焼酎、カクテル等々多種多様なお酒を解説
  • 市販の媚薬を比較調査した結果を特典で配布

どんなお酒が良いのか、お酒の席では何に気を付ければいいのかなど、お酒の席で振舞うべき行動が全くわからない人向け

※どちらの教材でも「女性から準強姦扱いされないための方法」や「お酒が進む食べ物」など、一部のノウハウに関しては同じような内容です。対極の教材ではなく、同じ主張の元にそれぞれがテクニック解説を行っています。

「サシ飲みセックスアリジゴク」では、具体的な会話例、テクニックなどが紹介されていますので、使えそうなものからすぐ実践していく事が出来ます。

「女を酔わせて、巧妙に、拒絶できない流れを作り出し~」では、会話例やテクニックに関する記述はそれほど多くありません。逆に、女性が酔いやすいお酒の種類の紹介や、あなたの実力強化のために必要なマインド構築などに重点を置いています。

どちらも、お酒の力を借りて女性をセックスへと誘導していくために必要なノウハウが書かれています。お店のメニューから無作為にお酒をオーダーしては手間もお金も時間もかかってしまいます。

ですので、これらの教材にある「女性を酔わせやすいお酒の種類」や「お酒の飲ませ方」を理解することで、効率よくその場を仕切っていくことが出来たり、女性から「スマート」な好印象を得ることができます。

お酒の席で女性をスマートにリードしていきたい、という方はどちらの教材が自分に向いているか、教材を読んでみて、女性に使ってみて、実際に体感しながら判断してみてください。

ワンランク上の会話テクニックを身に付けたいなら、『サシ飲みセックスアリジゴク』

初心者対応レベルで基礎から学んでいくなら、『女を酔わせて、巧妙に、拒絶できない流れを作り出し、気に入った美人や、他人の彼女を寝取っている、卑劣なヤリちん男たちの手口の一部始終を、防犯の目的で公開することにしました。』

●まとめ●
お酒の種類もわからないという初心者レベルなら「女を酔わせて、巧妙に~」から基礎固めを行うことをオススメしますが、女性とお酒の席である程度楽しく話せるだけのスキルがあるのなら「サシ飲みセックスアリジゴク」から読み始めてもOK。お互いがお互いを補完し合っているような教材なので、両方読み込んでおけば完璧。
女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ