「藤村勇気の総合恋愛会話教材」を女性が本音でレビューしてみる

先月、「藤村勇気さんの会話教材はどうなのか?」という質問メールをいただいていましたので、レビューします。

長くなるので先に結論を書いておきます。ネットではほとんどのサイトで高評価ですが「そんなに良いかなあ??」というのが私の本音です。

20150403

「藤村勇気の総合恋愛会話教材」を買うだけで疲れていました

この教材はかなり前に購入していたのですが、教材のボリュームの多さにドン引きし、面倒くさくて後回しにしていました。

どのレビューサイトを見ても、この教材に関しては高評価がされており、低評価があまり見当たらなかったので「良い教材なのかな?」と興味を抱いたのがきっかけです。

購入した当時の記憶としては、たしか購入リンクまでは特に何も考えずに進み、金額を見て一瞬とまどったことを覚えています。会話教材というより、恋愛総合教材レベルの価格設定です。一般的な会話教材よりも福沢諭吉さんを一枚上乗せした金額になっています。

「会話テクニックのみの解説でこの価格は高いなあ…何か裏があったらやだなあ…」

と不安を抱き、かなり疑り深くなりながら他サイトさんのレビューを見たり、販売ページを何度も読み返したり、いっそスルーしてしまおうかと思ったりもしていました。

ですが「教材レビュアーが教材をレビューしなくてどうする!」と、はたと気づいたため、自分自身に喝を入れるつもりで購入しました。

…と、購入の時にそれだけのエネルギーを使ってしまったため、レビューする気力が起きずに放置していたわけです(言い訳ですね)。テキストが1000ページ越え、音声に至っては30時間越えです。ひと通り目を通すだけでもかなりの時間と気力を使います。

ですが、依頼があれば話は別です。気力も回復しましたので、レビューしていきたいと思います。

「藤村勇気の総合恋愛会話教材」ってどんな教材?

「藤村勇気の総合恋愛会話教材」とは、ギャル系から真面目系までのあらゆる女性を口説き落とせる会話術を11の章で解説していくという、「テクニック解説に特化した会話教材」です。

教材は、専用サイトから個別にダウンロードして閲覧します。教材内容は、本編933ページ、特典205ページの計1138ページに加え、モニターさんとの対談音声が30時間分付いています。

20150403-1

教材の流れとしては、まず基本となるノウハウを9つの章で学びます。各章それぞれには「マインド」「好感度」「褒め方」「ユーモア」「ミステリアス」「いじる」「気配り」「ノンバーバル」「沈黙打破」という異なるテーマが用意されています。

ノウハウを学んだあとは、相手の女性のタイプを分析し、その女性のタイプに合った会話内容を設定します。

なぜ分析が必要かというと、分析と設定を行っておくことでより効果的な会話が構築できるためです。例えば、真面目系の女性にはユーモアあふれる会話よりも、褒めたり気配りをしたりといった会話の方が効果的ですので、より相手の心に響く会話が出来るように、分析から行っていきます。

その後、ボディタッチやセックスへの誘導に使える会話を学び、女性を一度のデートで口説き落とすという一連の会話術をマスターしていきます。

本教材は、デートに必要な会話+身体のコミュニケーションに関するほぼすべての解説を行っていることから、「デートで何を話せばいいのかわからない」「どうすれば女性を楽しませられるのかがわからない」といった初心者向けに作成されていることがわかります。

個人的にあまりオススメできない3つの理由

テクニックをただ示すだけではなく、「なぜ効果があるのか」「なぜそれをしなくてはいけないのか」ときちんと理由も含めて丁寧に説明していることには好感が持てますし、ボリュームあるマニュアルを読みたい人にはピッタリの教材だと思います。

ただ、個人的にこの教材はオススメしません。理由は主に3つありますので、順に書いていきたいと思います。

1:教材の会話が「昭和」です。

まず、教材内で例として挙げられている会話文に、あまり魅力を感じられませんでした。

どういうことかというと、教材内で推奨している会話例が「昭和」なためです。世の中の一般女性がどう思うかまではわからないのですが、少なくとも私にこのセリフを言われた場合「そういう発想するんだ!?」とか「この人、なんかちょっと変な人??」と感じます。上手いたとえが見つからないのですが、クラスに一人はいる「ちょっと浮いてる人」のような発言内容です。

販売ページでは、

相手が日本人の女性であれば、全ての状況、全てのタイプの女性に対して最良な会話法をお伝えしている総合恋愛会話教材になります

と、藤村さんが紹介していますが、どうやら私は日本人女性ではなかったようです^^;

昭和テイストなのはユーモア系の章だけかな、と思って全章を確認したのですが、すべての章で昭和なクサめの口説き文句が出てくるので、イマイチ会話に付いて行けません。

教材内の解説は、細分化して丁寧に行っているので悪くはないと思うのですが、「会話教材の会話例がおかしいのは致命的でしょ…」と読みながら脱力してしまったので、あまりオススメできるノウハウではないと思っています。

もちろん、これは私がそう感じているだけかもしれませんので、案外私以外の全ての日本人女性に効くのかもしれません。

また、「クサいセリフ」に拒否反応が無い女性や、不思議ちゃん系の女性なら使える…かもしれません(すみません、どうすればこの会話で女性を落とせるのかが、本当にわかりません)。

2:ティーチャー音声いらなくない?

販売ページには書かれていませんが、この教材には、モニターさん達との対談音声が30時間分付いています。モニターさんは総勢6人、各章の内容について著者と対談する…というものですが、正直いらないと感じました。

まずモニターさん達が受け身であることが気になります。音声を聴いていると、教材のテクニックを全て習得しよう、質問をどんどんしていこうという本気の姿勢になっていないような印象です。

この対談音声では、著者の藤村さんが各章のテクニックについて再度解説し、それに対してモニターさんからの質問を受ける、という流れで進んでいきます。ですが、最新の音声を聴いてみると、

藤村さん「●●で▼▼をするというテクニックです。…ここまでで質問はありますか?」

モニター「大丈夫…だと思います」

藤村さん「そうですか。では次ですが、■■で××で…(中略)…ということになります。…ここまでで質問はありますか?」

モニター「いえ…特に…」

藤村さん「では次に(以下略)」

というような「ヤル気あるの!?」という、非常にゆったりとした対談内容になっています。

はっきり言って音声ファイルを付けるなら、こういった対談ではなく、サクラでもいいから女性を一人連れてきて、各モニターさんとガチで会話させた方が100倍良かったんじゃないかと思います。

ガチの会話に対して藤村さんがダメ出しをしていく、という収録であれば、各モニターさんが本当に教材内容を理解しているかの確認にもなりますし、実際の女性との会話を収録することで「何が良いのか・悪いのか」が購入者の方にもきちんと理解できるようになります。ですので、せっかく音声を付けるなら、もっと価値あるものにしてほしかったと感じてしまいました。

ちなみに、私がそう提案するのには理由があります。というのは、著者の藤村さん自身が「見本が必要」と発言しているからです。ネタバレにならない範囲で著者の発言を引用すると、以下のように述べています。

また、自分は出来ていると思い込んでしまう、その一つの理由がモテている男の実際の会話を意識して聞いたことがないからでしょう。
どんな事柄であっても、手本が分からなければ、正解が分かるはずがありません。

だったら付けてください。

「聞いたことがないからでしょう」と言うのなら、なぜ教材本体に付けないのでしょうか?

この後に、著者はノンバーバルコミュニケーション(=身振り・表情などの会話以外の部分)の重要性も説いています。けれど、教材内で見本となるものは、女性との実録会話の書き起こしテキストだけです。ノンバーバルは、文章だけでの理解は難しいのに…です。

著者自身が重要であると感じているのなら、動画や音声を教材に付けて欲しかったと思います。この点だけ見ると、動画できちっと解説しているモテ会話マスタープログラムに軍配が上がります。

また、

この教材のユーモアの会話例を見て、「全然面白くないじゃん」と思った方もいらっしゃるかもですが、桃太郎さんを棒読みするような気分で読んでいませんでしたか?
「桃太郎さん、お待ちください」と普通に読むのではなくて「ちょっと、ちょっと!!そこの桃太郎さん♪」という気分で読んでいましたか?

思わず脱力しました。

この教材には、著者の女性との会話音声が収録されていないのです。つまり、前出の引用部で言うところの「手本がわからなければ正解がわからない」のです。今からでも遅くないので、ぜひ藤村さんには教材に実録会話を付けて欲しいと思います。教材の評価もこれまで以上に上がるでしょうし、なにより私が聴いてみたいです。

そして余談ですが、このモニター音声は2012年から更新されておらず、2015年の現在でもまだすべてが揃っていません。

例えばメイン教材全11章のうち、最初の2章分まではモニター音声も充実しているのですが、最終章に進むにつれて「作成中」という音声がどんどん増えてきています。
20150403-2
20150403-3
20150403-4
音声のデータを見ると、最新音声の収録日が2012年4月となっています。3年前です。

3年間更新されていないことになりますので、モニターさん達のやる気が無くなってしまったのか、藤村さんのやる気が無くなってしまったのかのどちらかになるかと思うのですが、正直そこまではわかりません。

また、このモニター音声がいつ揃うのかも、全く分かりません。そもそも販売ページの教材内容に含まれていない、いわゆる「オマケ」扱いなので、これが揃わなかったとしてもクレームを入れることは難しいと思います。

3:会話をより難しくしていませんか?

販売ページを見ていただいてもわかるように、教材内容はとにかく膨大です。私自身、全て目を通すのに1週間かかり、それでもなおイマイチ理解しきれていない感が残っています。

そもそも、女性にモテる会話とは、本当はもっとシンプルだったはずです。

1:女性を笑顔にさせる
2:異性として意識させる

これだけです。私自身も例にもれず、自分がこれまで好きになってきた人は、この2つを満たしていました。つまり、会話初心者がまず意識することは、「女性を笑顔にさせるにはどうすればいいのか?」ということだけなのです。

ですがこの教材に限らず、これまで販売されてきた恋愛教材は情報商材という特性上、教材内容はよりボリュームのあるように、より「丁寧かつ難解」になるようにと年々変化しているように思います。

よりボリュームある教材を作ることで得をする人とは誰でしょうか?

より「丁寧かつ難解」な教材を作ることで得をする人とは誰でしょうか?

高額の教材、高額のコンサル。様々な形態でモテる方法を教える販売者の方がいますが、初心者の方がまず一人の女性を落とすために学ぶべきことは「女性を笑顔にすること」これだけです。

ボリュームある教材と言えば、当ブログ一押しのWMPが挙げられます。ですが、こちらはチェックリストをつくったり、やることを順序立てて書いていたりと、なるべく迷わないで進めるようにと工夫がされています。

会話教材のガールズマインドハッカーも同様です。こちらも音声の付いていない、テキストのみの教材ですが、行うことが順序立ててきちっと書いてありますので、やはり迷わず進めるように工夫がされています。

ですが、「藤村勇気の総合恋愛会話教材」では、まず各テクニックをマスターし、それぞれの女性のタイプ別の分析方法を覚え、職業別の分析方法を覚え、年齢別の分析方法を覚え、各女性のタイプの会話内容を組み立て…と初心者がいきなり行うにはややハードルの高い方法が解説されています。

あくまで私の個人的な意見ですが、会話初心者さんほど動画や音声といった文字に頼らない学習から入り、その後で具体的なテクニックを文字で理解する、といった流れがわかりやすいのではと思っています。

ですので、当ブログ「モテ道」では、会話テクニックを学びたいという初心者さんには「モテ会話マスタープログラム」→「ガールズマインドハッカー」といった流れをオススメしています。

■参考記事:
>>「ガールズマインドハッカー」と「モテ会話マスタープログラム」結局どっちがオススメ?

モテる会話とは、本来それほど複雑でなかったはずなのです。事実、この教材を読んだ後にモテ会話のロールプレイ動画や、ガールズマインドハッカーの会話の組み立て方を見ると、あまりのわかりやすさに安心します。

とにかく、「藤村勇気の恋愛総合会話教材」は山盛りのテクニック解説に特化していて、何からすればいいのかがよくわからない印象です。この教材を絶賛している方々というのは、私とは次元の違う、理解度・分析力・会話の構築力に優れた方々であることがよくわかりました。

以下、採点で評価してみます。

ありすが採点しました

価格は適切か?

12/20点

会話テクニック教材として、この価格はやや高いと感じます。

一部レビューサイトでは、この教材が「恋愛総合教材である」としていましたが、ファッションや出会い方、LINEテクニック等々は全く解説していませんので、総合教材であるとは言い切れません。

また、上記でも述べたように、著者本人が「見本が必要」と言っているにもかかわらず、音声や動画といった著者本人の会話見本を一切付けていないことが気になります。

販売広告は適切?

12/20点

相手が日本人の女性であれば、全ての状況、全てのタイプの女性に対して最良な会話法をお伝えしている総合恋愛会話教材になります

ということですが、すみません。私にはあまり最良ではありませんでした。
また、

この教材で、あなたにお伝えする会話法は、世の中では全く知られていません。

と書かれていますが、恋愛教材をある程度読み慣れている人であれば、一度は目にしたことのあるノウハウです。どれが全く知られていないノウハウなのか、私自身は見つけることができませんでした。

二重価格表示やワンタイムオファー等の景品表示法違反はとくに見当たりません。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

8/20点

やや困難です。

既に述べましたが、初心者にはやるべきことが多すぎます。

教材のボリュームがあり、沢山の知識を学び、勉強した気になれるのは確かです。けれど、実際に女性を目の前にした時に「…あれ?何から話せばいいんだっけ?」と固まってしまうおそれがあります。

特典として付けられている実録会話も書き起こしテキストのみですので、著者が教材内で重要と述べているノンバーバルコミュニケーションの理解がしにくい傾向にあります。

応用可能な力が身に付くか

16/20点

完全マスターすれば、身に付きます。

著者はあらゆる女性のタイプにあった会話方法を分析し、グラフ化していますので、それらのグラフの内容と数値をしっかり覚え、女性と出会った時にきちんと頭で分析して実行出来るようになれば、多くの女性に応用がきくと考えられます。

女性がされて嬉しいテクニックか

8/20点

教材内で述べているテクニックには、いまいちピンとくるものがありませんでした。

特に会話例は「君の瞳に乾杯☆」系統のドン引きするものが多く、「この人…何なの?」とかなりの不信感を個人的に抱きます。

念のため、自分好みの男性がこれらのテクニックを行ってきた場合も妄想してみましたが、会話内容がどうしても受け付けませんでした。ただ、私だけかもしれないので、冗談が通じる子や、不思議ちゃん系の子ならいけるかもしれません。

結論!ありすの評価は?

56/100点

ボリュームある教材を読みたい方には良いのかもしれませんが、個人的にはどうしてもこの教材をオススメできません。

ちょっとインパクトがあり過ぎて上には書けなかったのですが、私がこの教材をオススメできない最大の理由として、「特典1 真面目な出会い系サイト攻略法」で、著者の方が年収を改ざんして参加する方法を推奨しているからです。

本当に実績ある人なら問題ありませんが、年収の低い人なら「出会い系サイト管理者さんと女性に嘘をつけ」ということです。

他教材でも同じことを推奨しているものがありましたが、唖然とします。あなたと真面目にお付き合いしている女性の経歴が、実は全くの嘘だった。としたらあなたはどう感じるでしょうか?

私はこういうノウハウは女性をだましてモテるノウハウだと思っています。(というより、自分で書いていて情けなくならないのでしょうか?)

女性に対して正々堂々胸を張ることのできないテクニックですので、人間的に残念な男に変貌できるかと思います。そんな理由で、私はこういった教材はオススメしたくありません。

それでも購入したいという方は、お手数ですがこの教材をオススメしている別サイト様からお申し込みください。私は購入リンクを貼る気が起きませんでした。

●まとめ●
「藤村勇気の総合恋愛会話教材」は、会話に付いて行けないのと、ウソをつくことを推奨しているため、「モテ道」ではオススメできません。

会話を本気で学びたいのなら、女性を笑顔にさせる会話が動画で学べる「モテ会話マスタープログラム」や、女性を依存化させる会話の組み立て方がわかる「ガールズマインドハッカー」をオススメします。

※残念教材のため、「モテ道」からはリンクしておりません。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ