『彼女のマスターキーEVO(今井悠)』に別の意味で唖然としたのでレビュー

恋愛テクニック系教材『彼女のマスターキーEVO』という教材のレビュー依頼をいただきましたので、まとめます。読者様からのメールで度々その名前は聞いていたものの、「これで実力が付きました」とか「これで彼女が出来ました」といった報告の一切上がってこない謎の教材でした。

結論から申し上げますと「彼女から恋愛感情を抱かれている(=というかむしろしっかり惚れられている)ことを前提とした、不思議ちゃん系オラオラ男性を目指す恋愛テクニック教材」でした。

以下、詳細をレビューしていきます。

20160608

『彼女のマスターキーEVO』ってどんな教材?

『彼女のマスターキーEVO』とは「女性を口説かなくても、勝手に落ちてくれる」という触れ込みで2008年に発売された、恋愛テクニック教材です。著者は今井悠さん、どんな方なのか全く存じ上げません。

20160608-1

テキストは全編PDFです。「マインドとテクニック部分を解説した本編」と、「具体的な会話を解説したテンプレート編」の2部に分かれています。ページ数は2部足して344ページですので、販売ページにある「全358ページ」は誤植と思われます。

その他、特典として『女を“あなたの思う壺”に入れてしまう方法(PDF:23ページ)』と『ミステリーボックスゲーム(PDF:32ページ)』が付いてきますが、あなたが「気の置けない女性から完全に惚れられている状態」でないとあまり効果の期待できないものでしたので、狙っている女性と恋愛関係に発展したときのオマケとして使うとよいと思います(初期段階で使うとただのキモい人です)。

ちなみに、この教材には特典としての「メールサポート」は付属していません。2015年5月までは付いていたようですが、2016年6月現在では公式ページ上の特典リストから削除されています。今後復活するかどうかは不明ですので、メールサポート目当ての方はお気を付けください。

過去、本教材は2009年までは『マスターキー』や『マスターキー2009』といった名称で販売されていました。サポートも、発売当初は延長OKの500日サポートが付いており、価格も14800円に据え置かれていました。その後、特典が追加されたり、教材名を「彼女のマスターキーEVO」に変えてリニューアルしたり、サポートが無くなったりして今に至ります。

教材そのものに関しては、本編が2008年からある元々の教材部分のようで、会話テンプレートは『EVO』になってから追加されたもののようです。ですので、2008年に発売されたものをお持ちの方は、教材全体が大幅リニューアルしたとか言うことではなく、単にコンテンツが増えてサポートが減った、という変化のみになりますので買い直しの必要はあまりないと思います。

既に恋愛感情を抱かれている女性相手でないと再現困難

教材の中身を見てみると、Step0~5までの全6章で構成されています。Step0・1・2で女性を口説かずして落とす男になるためのマインド強化論が解説され、Step3・4が女性を落とす恋愛テクニック論、Step6でセックスに持ち込むためのテクニックが解説されています。「男を磨いて恋愛テクニックを駆使してセックスする」という、恋愛教材としてよくある一般的な構成だと思います。

序盤のStep0を読む限りは「そうそう!」と同意してしまう項目も多く、オススメ教材かなと期待できたのですが、後半に行くにつれてあまり納得できる内容ではなくなっていきました。納得1/3、ツッコミ2/3といった印象です。

と言うのも、販売ページには「口説かなくても狙った女の方からすり寄ってくる」とか「落とさなくても女のほうが勝手に落ちてくれる」とか書かれていますが、この教材のテクニックを再現するには「既に落ちている女性」でないとかなり困難だったからです。

まず、この教材を実践するための必須条件としては「目の前の女性を、すでにあなたとセックス済みの女性であると思い込む」というあなた自身の思い込みの強さが必要となります。この時、少しでも疑いや罪悪感を抱いてはいけません、120%思い込みます。思い込むというか、「セックス済み」だと「認識」している心の状態にまで持っていきます。勘違いしている状態、とも言い換えられるかもしれません。

ちなみに、この教材で必要とされる「思い込む」に関して、著者は教材内で以下のように語っています。

あなたは「象は飛べますか」と聞かれたらなんて答えますか?
通常は「飛べないよ」と答えるでしょう。
ですが、俺たちは
「象だって飛べるんじゃね!」
こう言えるようになることが、真の男としてあるべき姿だと思っています。

必要とされるのは、このレベルでの「思い込み(=むしろ勘違い)」です。ご自身の思い込み能力に自信の無い方は手を出さないほうが無難かもしれません。

そしてその勘違いしている状態で「女性に対して上から目線で接します」。タイプとしてはTAVに近いものがありますが、個人的には「不思議ちゃん系TAV」「勘違いしちゃったTAV」「俺様意識の強すぎるTAV」といった印象でした。

TAVはS系とやさしさのバランスを取り、オラオラ系になりすぎないように接していくのですが、本教材『彼女のマスターキーEVO』だと「周りが全く見えていない・気にしない、俺様ワールド」にいるオラオラ系男性になるので、女性側としては非常に嫌悪感を感じます。

教材内で示されている会話例に関しても、そもそも男女の会話が全くかみ合っておらず、いったいなぜこの会話で女性が好感を抱くのかが全く意味不明でした。

男性のボケやそっけない態度、そういったものも会話例に盛り込まれていますが、そのすべてに対する女性側の反応が「ステキ…!」みたいな好反応でしたので、あなたのどんな態度やセリフにも好感を抱いてくれるだけの強い恋愛感情を持っている女性相手でないと再現困難だと思いました。こういった恋愛テクニックを「効いた」と認識してしまうのですから、著者がこれまで付き合ってきた女性と言うのは、菩薩レベルのものすごく寛大な心の女性か、箸が転がっても笑うレベルの女性だったのだと思います。

少なくとも、私にこの会話例で話を振られても「何こいつ」「変な人」という悪い印象しか持ちません。ボケも変化球過ぎて意味不明です。会話が噛み合わないので話もしたくないし、恋愛感情以前に人間的にあまり好感を持たない相手に成り下がることのできる会話例です。

「好きな男性」でないと興味を引かれない

教材には「女性は詮索好きですから、ミステリアスな男性を演出しましょう」といった意味の記述があちこちに見受けられるのですが、女性側としては、好きな相手でないと詮索する気にはなりません。過去「女性の罪悪感を操り、女性をあなたに依存させるメールテクニック」のレビューにも同じことを書きましたが、好きな相手でないと興味を引かれないんです。

例えばですけど、あなたにも好きな芸能人がいると思います。で、その芸能人に関しては、出演番組とか、プロフィールなどを調べたりすると思うんです。でもそれ以外の、例えば全く売れていない演歌歌手の出演番組とかプロフィールは、自主的にあれこれ調べてみようという気にはならないと思います。女性も同じです。好きな人だからあれこれ知りたいわけであって、なんとも思っていない相手のあれこれを知りたいとは全く思いません。

好きな相手が意味深なことを言って来たら「えっなになに!?」とドキドキしたり、「今のどういう意味だろう…」と詮索したくなったり、という気持ちになることは私自身も確かにありました。なので間違ってはいないのですが、こういうテクニックって「あなたが女性にとっての好きな人」でないと本当に意味の無いテクニックになるんです。

教材ではその解説を抜かして「女性は詮索好きだから」と決めつけ、まだ「あなたが女性にとっての好きな人」になっていないのに、ミステリアスな男性になるためのテクニックを解説しているので、結果として女性から見ると「勘違い野郎」みたいな男性を量産するための教材になってしまいます。

じゃあ、「好き」にさせたり「興味がある」状態にするにはどうしたらいいか、という疑問が出てくると思うのですが、これらに関する教材内の記述はかなり手薄です。解説はされていることはされてるのですが、私から見ると「それだけで好きにはならない」というポイントを一生懸命解説しています。

間違ってはいないのですが、「それは確かにそうなんだけど、モテるために必要なのはそれが一番じゃない」「著者独自の見解が入りすぎていて、あまり万人受けするものではない」という印象です。たとえるなら、カレーのレシピが知りたいのに、辛さの重要性とかスパイスについてのうんちくを延々聞かされている感じです。

口下手では困難

致命的だったのは、販売ページでは「口下手でもOK」としているにもかかわらず、実際の教材内容が会話中級者以上を想定している内容だということです。販売ページには、

20160608-2

と、口下手でもできるとしていますが、教材を読んでみると

話すきっかけがあり会話がはじまってしまえば、あとはどうにでもなります、
会話の内容は、参考として書きましたので、あなたなりのトークで問題ありません。

と、「あなたなりのトーク」ができることを前提としています。口下手な人って「あなたなりのトーク」ができるのでしょうか? できないから、こういった「口下手でも出来る」といった教材に手を出してしまうのではないでしょうか?

販売ページにしっかりと「口下手でも問題ありません」と書くのであれば、こういった投げやりな記述はしないでほしかったと思います。「モテ会話マスタープログラム」のように動画で基礎の基礎から解説するなり、口下手でも使える基礎の基礎フレーズから解説するなり、何かしらの解説は必要であったように思います。

私自身、この記事を書くために教材の会話内容には全て目を通しましたが、あまり口下手の人を対象としたものだとは感じませんでした。そもそもこの教材に登場する男性と言うのは、オラオラ系タイプの男性です。女性に対して上から目線で接していきますので、草食系だとかオラオラ系が苦手だといった男性が購入してしまうと非常にがっかりすると思います。

以下、採点で評価していきます。

ありすが採点しました

価格は適切か?

8/20点

ちょっと高いです。

テキストのみで、サポート無し。教材そのものに関しても口下手向けの解説がすっぽ抜けているので、あまりコスパに見合った効果と実力が得られるとは思えません。同じ会話テクニック教材である『モテ会話マスタープログラム』や『ガールズマインドハッカー』と比べても、費用対効果が低すぎます。

「ご自身がオラオラ系で、既に惚れられている女性がいて、経済的に余裕がある」という場合においては、コワいもの見たさで買ってみても良いかもしれません。

販売広告は適切?

8/20点

繰り返しになりますが、今現在、特典についているメールサポートは質を保つために終了する場合があります。

とありますが、既に終了していますし、記事内でも書いたように

口下手でも、今まで女に相手にされたことがなかったとしても、全く問題ありません

という記述にはかなり無理があります。

キャッチコピーが言い過ぎかな…とちょっと気になりました。

更には、

狙った女の方からすり寄ってきて夢中で上にまたがって求めてくる

そうですが、残念ながら私自身全くそういった気分にはなりませんでした。というか、この一文からだとセックスにおいて「受け身」な姿勢が読み取れるので、男性としてもあまり魅力的だとは感じません。

こういった文章が並んでいるのを見ますと主観ではありますが、景品表示法のうち「誇大広告」に該当するかなと思いました。その他、二重価格表示を行っている点も気になります。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

4/20点

非モテ(=恋愛初心者)にはかなり困難です。

非常に強い思い込みと、恋愛中級者レベルでの会話力、そしてオラオラ系男性のタイプを必要とする教材ですので、逆にこの教材で恋愛初心者がどのように女性を落としたらいいのかが全く分かりません。

この教材が向いている方と言うのは、「思い込みが激しく」「恋愛中級者レベルの会話力を持ち」「女性に対してオラオラ系で接していける」タイプの男性ですので、あなたがそういったタイプの男性でない限りは手を出さないほうが無難です。本当に。

応用可能な力が身に付くか

12/20点

この教材は、「俺様ワールド」の中に女性を巻き込んでいくようなテクニックです。その世界観も一歩間違えば「勘違い野郎」みたいなものなので、効く女性のタイプが非常に限定されます。

ただ、それほど強い思い込みを必要としますので、独自性のある世界観を構築できるだけの応用力は身に付きます。ただし、それがモテにつながるかとか、女性に効くかどうかということとは全く別問題になりますのでご注意ください。

女性がされて嬉しいテクニックか

8/20点

あくまで私自身の感想ですが、「完全に惚れている状態であれば使えなくはない(注:効果がある、と言う意味ではありません)」「惚れていない状態では強い嫌悪感」を感じるテクニックでした。

あなたに陶酔するほど惚れていればアバタもエクボですので、あなたが何をしようとほぼ好反応で返すとは思うのですが、「口下手」「女性から相手にされたことが無い」といったレベルの男性がゼロからこのテクニックを単体で使用してしまうと、かなりの嫌悪感を与えるものになっています。

そもそもこういった「相手の興味をさらに引く」テクニックは「女性が自分に惚れていることを確信してから」使うべきものなのに、それを恋愛初期の段階で使ってしまっていることが致命的です。

例えばあなたも、好きな女性からのチラ見せテクニックなら嬉しいですが、小太り初老女性からのチラ見せテクニックは嬉しくないですよね?(嬉しい人がいたらすみません) テクニックそのものは同じでも「誰から使われるか」で結果は大きく変わります。

結論!ありすの評価は?

40/100点

Step0に関しては同意できる項目も多かったのですが、中盤から後半にかけての恋愛テクニックはあまり効果的ではありません。恋愛理論は間違っていないのに、それに伴う会話例や具体例が大間違い、みたいな教材です。

ですので、この教材を既に買ってしまった方や、これから買おうという斬新な決断をされる方は、教材内の「恋愛理論」の部分だけ参考にされるとよいです。たまにトンデモな記述もありますが、間違いではない(かといって大正解でもない)解説です。会話例さえ真似しなければ大丈夫です。

販売ページにある「口説かなくても落とせる」という記述に関しては、TAVと似た系統の会話を行っていくものでしたが、こちらの教材の会話例では「勘違い野郎育成マニュアル」みたいなものになっていますので、S要素のある恋愛中級者様であれば『TAV』、それ以外の口下手な方であれば会話教材の王道である『モテ会話マスタープログラム』と『ガールズマインドハッカー』から始めたほうが無難です。

ロングセラー教材、と言うことですが後発の教材に抜かされたかな? といった印象でした。特に買う理由は見当たりませんでしたが、「もう女はこりごりなので、接する女性全てから悪い印象を持たれたい」と言う特殊な場合においては、買ってもいいんじゃないかと思います。

●まとめ●
『彼女のマスターキーEVO』は独自の世界観のある「不思議ちゃん系男性」になれる教材。口下手な方や恋愛初心者の方では再現困難ですので、あまり手を出さないほうが無難です。

※残念教材のため、「モテ道」からはリンクしておりません。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ