「デンジャラスゲーム(高城誠史)」の恋愛テクニックがイマイチだったのでレビュー

3つのトラップを仕掛けるだけで女性が落ちる、というかなり怪しい教材「デンジャラスゲーム」のレビュー依頼をいただきましたので、まとめます。

販売ページには、

デンジャラスゲームは、3つのトラップを仕掛けるだけで簡単に女性とセックスできた衝撃的なテクニックです。

とありますが、ベタなテクニックを有料販売してしまうという意味で衝撃的なテクニックでした。恋愛教材としての必要性を見出せませんでしたので、個人的にはオススメしません。

20151116

「デンジャラスゲーム」ってどんな教材?

「デンジャラスゲーム」とは、SNSで女性と出会い、デートしてホテルへと誘導するまでの流れを解説した、SNS系出会い教材です。

販売ページでは出会いからセックスまで、と書かれていますが、教材を見る限り全体の6割以上が「出会うまでのテクニック」ですので、どちらかと言えば落とすことよりも出会うことに重点を置いた内容になっています。

著者は高城誠史さん。肩書は「LOVEプロデューサー」とのことですが、どんな方なのか存じ上げません。販売ページ内にブログURLやSNSアカウントが紹介されてはいるものの、2015年現在ではどちらも閉鎖されたようでアクセスできませんでした。

20151116-1

教材本編は1時間7分52秒の動画(MP4)で構成されており、デスクトップ上の動作風景を動画として録画しています。セミナーというよりも「動画キャプチャ」という印象です。音声やテキストはありません。

教材は大きく分けて4部で構成されています。

まず冒頭は、SNS新規登録の方法、ログインの仕方といった、SNS初心者様向けのSNS新規登録方法の解説です。著者のデスクトップ上の動作と音声がそのまま収録されており、SNS未経験という方でも視覚的にかなりわかりやすく登録作業を進めていくことが出来ます。

教材は次に、SNSでは外すことのできない「プロフィール」の作り方について述べ、その後「女性の探し方」や「伝言板の使い方」「コミュニティの使い方」…といった、SNSを実際に使っていく上で必須となる知識の解説に入ります。

SNSの基本的な使い方を習得したら、メールアプローチを学びます。どのようなメールを送れば返信がもらいやすいのか、実際にデートに持ち込める誘い方とは、といった内容を学び、オフラインで接触できるためのノウハウを身につけていきます。

最後に、オフラインの女性から魅力的に思われるための恋愛ノウハウを学び、教材は完結します。

ちなみに、販売ページではmixi、GREE、Mobageの3つをSNSの例に挙げていますが、実際に教材内で解説されているのはGREEのみです。すべてのSNSを解説してほしいという方もいるかもしれませんが、個人的には本教材のように一つ解説されていれば十分かなと感じました。

と言うのは、出会い系で実際に出会うために必須となるのは新規登録云々というよりも、「相手のページにアクセスし、伝言を送る」というノウハウのみだからです。そのため、本作のように一例としてGREEを解説している状況でも、あまり差し支えは無いかと感じました。

さて、本教材「デンジャラスゲーム」は上記のように、SNSの基本的な使い方からメールアプローチ、そしてオフラインにおいての恋愛ノウハウまで網羅しているので良い教材なのではないかと思われそうなのですが、個人的にはオススメしません。

理由は単純で、本教材で解説されていることは、かなりベタ、かつ効果のあいまいな恋愛テクニックだからです。

そのテクニック、本当に正しい?

本教材で「恋愛テクニック」として紹介されているものには、当の女性からするとイマイチなテクニックが多数含まれていました。ネタバレにならない範囲でぼかしつつ、ツッコミを入れてみたいと思います。

相手の得意分野を話題にして、返信率を上げる

たとえば相手の女性が料理好きだったら「夜食にいいレシピってある?」とか「●●ってどうやって作るの?」と訊いてみるとか。たとえば相手の女性が服好きだったら「メンズアイテムでイチオシってある?」とか「このシャツにあうボトムスって何だろう?」と訊いてみるとか、そういったものです。

相手の女性の得意分野を質問をすることで、喜んで返信してくれるので質問しましょう…みたいなテクニックです。私自身、男性向け恋愛教材は50本ほど読んできましたが、この質問方法はよく目にします。恋愛業界ではベタなテクニックなのかもしれません。

ですが、個人的にこういった質問方法はかなり負担に感じました。と言うのは、それほど親しくない相手だった場合「それ、私に訊くこと?」と思ってしまうからです。

こういった軽い質問って、質問する側がもし本当にその情報を知りたかったら、いい大人であれば普通にググるったり自分で調べたりすると思うんです。早ければ10秒くらいで答えが見つかるんじゃないでしょうか。

でもそこで、あえて女性に訊くわけですよね。女性に考えさせて、女性にメールなりLINEなりのメッセージを打つ手間を与えるわけです。

と言うことは普通に考えれば、頭使うし手間かかるし時間もかかるし…と、女性側のデメリットの方が多いわけです。いくら相手の女性が好きなジャンルでも、本当に相手の女性は「夜食に良いレシピ」とか「メンズアイテムのイチオシ」の話をしたいと思っているのか? って話なんです。

気の置けない友達同士の話なら、気軽に返答できます。でも、あまり親しくない・親しくなって間もないくらいの間柄であれば、「なんでそれを私に訊くの?」「なんで自分で調べないの? 調べられないの?」という気持ちがわいてきます。

既にかなり仲良くなっていて相手の女性もあなたとやりとりすることが快感になっているとか、単純に女性の好みの男性像だったりとか、そういった女性側のメリットがあればいいのですが、「知人レベル」で質問してしまうことは、どうかと思います。

女性があなたに興味のない段階でこれを行っても、ただウザいだけです。もちろん女性が得意としているジャンルなので誰かに話したい気持ちはあるでしょうが、それは知り合って間もないあなたではないんです。もしこのテクニックを使うとしたら、女性と親密になってからのほうが無難です。

女性はゴシップネタが好き?

女性の好きな芸能人に関する情報を集めて、「●●と▼▼が付き合ってるらしいよ」「○○と◇◇は仲悪いんだって」といった情報をあげる…という恋愛テクニック(?)があります。

正直ゴシップネタを振られても、だから? と思います。

そういった情報は、ニュースサイトやテレビを見ていれば誰でも語れる情報です。その場はある程度話が続くかもしれませんが、あなたに対する親密度や信頼感が上がるかと言えばかなり疑問です。

こういったゴシップネタは正直「場つなぎ」です。単独で効果を発揮するものではなく、世間話的な意味合いのほうが強いです。

もしこれを有効に使うのであれば(使いにくいですが)、自分の意見も合わせて言うのが良いかと思います。

「●●と▼▼が付き合ってるらしいよ。ほのぼのしてお互いを思いやっているのっていいよね」とか「○○と◇◇は仲悪いんだって。でも現場ではお互いの力を認めていて、切磋琢磨していける関係なんだね」とか。なにかプラスの発言に持って行った方が良いです。

人の悪口や噂話をする人は多いですが、人を褒める人は少数派です。私自身一人の女性として、目の前の男性が噂話をしているよりも、素直に褒めている方が、その人自身の器の大きさを感じられるので、好きです。

単発ではなく、テクニックは「流れ」を考えて使うこと

本教材ではこういった単発の恋愛テクニックがいくつか掲載されています。ですが女性に効果的なのは、こういった恋愛テクニックを単発で使うよりも、「一つの流れ」として使うことです。

「性欲トラップ」をお持ちの方はお分かりかと思いますが、女性は「盛り上がる」性質を持っています。男性のように瞬発的に性欲が盛り上がることはあまりなく、恋愛感情や性欲は時間をかけて高まっていきます。

そのため、女性に恋愛テクニックを使う場合は、「入口」と「ゴール」をきちんと設定したうえで、その時々の状況に合う恋愛テクニックを断続的に使っていく必要があるのです。

このあたりのことはA級会話教材の「モテ会話マスタープログラム」「ガールズマインドハッカー」「連れ出し後会話テクニック」あたりで解説されていますので、お手持ちの方は見直してみてください。おそらく、どのように言葉を重ね、女性の気持ちを恋愛モードに変換させていくかといった一連の流れを読み取れるかと思います。

ちなみにですが、本教材のメールアプローチではこの「一連の流れ」に関する解説はありません。上記のように、質問しましょうといった単発の恋愛テクニックの解説はありますが、それに関しても

最低でも15~20往復のメールをしてから聞くようにしてください。

あまり仲良くなっていないのに疑問形のメールを送るのはダメです。

基本は女性に負担を掛けないことを頭において行動しましょう。

と付け加えており、「15~20往復のメールに何を書けばいいのか」「どのように話を持っていけばいいのか」「負担を掛けないとは具体的にどういったことか」といった内容に関する解説はかなり手薄です。

それ以前にメールテクニックの一つ目で「疑問形のメールを送れ」としていますので、上記の「あまり仲良くなっていないのに疑問形のメールを送るのはダメ」「女性に負担を掛けないこと」といった教訓と矛盾します。

言っていることは大きく間違っているわけではない、けれど、販売ページにあるように「衝撃的なテクニック」とは程遠い、ごく一般的な恋愛テクニックの解説教材。といった印象でした。

以下、採点で評価してみます。

ありすが採点しました

価格は適切か?

8/20点

先行販売価格ですら、高いです。

2013年あたりまでは無期限メールサポートと特典動画2本が付いていたようですが、2015年現在ではそれらは削除されています。
メールサポート無し、テクニックも一般的、でこの価格では高いと言わざるを得ません。

販売広告は適切?

8/20点

販売ページには、

初対面なのにわずか「54分」でホテルに誘導

チェックイン6分後にはお互い生まれたての姿に

等と書かれています。

さすがにこれだけの短時間でホテルという話になると、性欲の無い女性にアプローチを掛けるノウハウではなく、既に性欲の高まっている状態の女性を見つけるSNS攻略法? と推測しましたが、全く違いました。

性欲の高まった状態の女性を見つけるノウハウは全く書かれておらず、コツコツと地道にメッセージを送って女性からの反応を待ち、時間をかけて仲良くなって、タイミングを見て会う。というある意味正攻法です。

裏技的な恋愛テクニックというよりも、どちらかと言えば飛び込み営業に近いスタイルだなと感じました。

また、「SNSで3つのトラップを仕掛ける」そうですが、裏技でもなんでもありません。
教材内では「これが3つのトラップです!」といった紹介をしていないのであれこれ探してみたのですが、おそらく

  • 1:魅力的なプロフィールを作る
  • 2:SNS内のメールアプローチ
  • 3:出会ってからの対面アプローチ

です。非常に一般的な方法です。それぞれのトラップについても、裏技的なことを解説しているわけではなく、「明るい印象を与えられるようにしましょう」「楽しませましょう」みたいなかなり漠然とした解説なので、裏技を期待してしまうとがっかりすること間違いなしです。

販売ページの文句と、実際の教材内容がかなり違うように感じましたので、誇大広告に該当しないかが心配です。

非モテ男子でも再現可能なテクニックか?

8/20点

難しいと思います。

本教材ではSNS内にいる女性に対し、コピペのメッセージを送ってそれに反応した女性とやり取りをする…といったところから始まりますが、そもそもそのやりとりが出来ない・続かないのに、それに対する解説や対応策が一切ありません。

「女性と15~20往復メッセージをやり取りしましょう」とか「タイミングを見てデートに誘いましょう」とさらっと書かれていますが、「それができないから困ってるんじゃねーか!!!!!」とちゃぶ台をひっくり返す購入者さんが現れないか気になります。

この教材でモテる方と言うのは、たとえ非モテであろうとも「常に身だしなみに気を使っていて、雰囲気イケメンくらいのレベルになっていて、女性と楽しくメッセージのやり取りができて、デートに誘うタイミングを逃さずに空気が読めて、実際に会っても楽しく会話できて、女性の性欲をしっかり高めてホテルにスムーズに誘える人」です(非モテじゃないですね)。

応用可能な力が身に付くか

12/20点

付きづらいです。

本教材で解説しているのは恋愛テクニックと言うよりも「出会うためのSNSの使い方」みたいな内容なので、何をどうすれば女性に効果的なのかが非常にわかりづらくなっています。

ただ、基本的な使い方は押さえてあるので、恋愛センスのある方なら本教材の基礎の上に自分流のメッセージや会話テクを構築していくこともできるかとは思いますが…応用力までに発展する方は100人中1人くらいなんじゃないかと思っています。

女性がされて嬉しいテクニックか

8/20点

嬉しくありません。

最初のメッセージもコピペなので、見る人が見れば「あ、コピペ」とすぐに見破られてしまいます。そのコピペ文も「ツッコミ待ち」みたいな内容なので、何というか寒い人です。

「デンジャラスゲーム」はSNSで出会い、デートし、ホテルへと誘導していくまでの流れを書いているわけではなく、SNSの使い方を解説したらメール・対面アプローチをいくつか羅列して完結する教材です。そのため、どのタイミングでどのテクニックを使えば効果的なのか、ホテルに誘導するためにはどういった言葉を重ねていけばよいのか、といった具体性がかなり薄くなっています。

仮に、私に「デンジャラスゲーム」のテクニックを使われた場合「つかみどころが無く」「自己中心的で」「はっきりしない男」といった印象を抱きます。なぜなら、メールアプローチから一貫している男性側の姿勢が「相手の女性に気がない振りをする」というものだからです。

気がない振りをしていいのは、女性から既に好意を得ている男性だけです。この場合、恋愛の主導権は惚れられている男性側にありますので、気がない振りや気のある振りをバランスよく使うことで女性側の気持ちを揺さぶることが出来ます。

女性側の気がないのに、男性側で気がない振りをしつつアプローチを掛けてしまっては、「面倒くさいやつ」認定されて終わります。

結論!ありすの評価は?

44/100点

色々書いてしまいましたが、SNSにおける成功法則(というか、使い方)は本教材でも解説されているように「魅力的なプロフィールを作って、女性にこまめにメッセージを送り、仲良くなった女性と会う」という方法が定番です。

個人的には、出会い系で出会いたいだけなら「NET SPIRAL」、適切なメール・LINEノウハウを学びたいなら「恋愛メール大百科」、SNSで逆ナンされてセックスを求められたいのなら「ツイッターでセフレを量産する教科書」をオススメしています。

もちろん、実際に会ってホテルへと誘導するのにはかなりの会話力を必要としますので、会話力に自信のない方は先にも述べたように「モテ会話マスタープログラム」「ガールズマインドハッカー」「連れ出し後会話テクニック」といった教材であらかじめ強化しておく必要があります。

このように、本教材以上に良作の教材があるため、現在では特に「デンジャラスゲーム」オススメする理由は見当たりませんでした。

●まとめ●
「デンジャラスゲーム」はSNSの使い方と、一般的な恋愛テクニックを紹介した教材。SNSで出会えるセフレを作りたいのなら『セフレを量産する教科書』がオススメ。

『セフレを量産する教科書』の特典付きレビューはこちら

※残念教材のため、「モテ道」からはリンクしておりません。

女性 オススメ恋愛教材

このページの先頭へ